雨宮蓮

P5アニメ版の主人公の名前が決まりましたね!
雨宮蓮(あまみやれん)くんとのことです。
3文字なのは今まで通りですが、「ゆう」が入って無いところが今までと違う感じでした。

それと同時にP3とP5の音ゲーであるP3DとP5Dも発表。
私P3はなぜか途中で投げちゃったんですよねー。
映画化に便乗してVitaあたりでトロフィー付きのP3が出ないかな、と思っていたのですが出ませんでした。
なので、P3Dが出るまでに、PSP版のP3をやって予習しておきたい感じです。

さて、私はというとP5が思いのほか進んでおりません。
理由は年末の魔物。
隣のプロジェクトが大変そうだなーと思ってみてたのですが、先週月曜にヘルプ要員としてJoinを言い渡され、ひいひい言ってました。
だた、頑張った甲斐あって何とか鎮火できましたよ。
遅れた分、これから巻いていこうと思います。

意外な伏兵

シャドウオブウォーをクリアしました。
感想記事は後で書くとして、次何やろうかなーと。

丁度タイミングよく4K+HDR対応になったウィッチャー3のDLCかなー。
DLC出たばっかりでタイムリーな、こちらもPro対応のホライゾンかなー。
よく見てるブログでオススメされてたルフランもいいなー。
でも再来週に龍極2だから、すぐ終わるインディーゲーにしようかなー。
別のよく見てるブログで、ボリュームは少なめだけど楽しめた!って褒められてたアンチャDLCでもいいなー。

そういえば今年もあと1ヶ月かー。
年末はいつもまとめ記事的なのかいてたなー。
そういや去年はどんなの書いてたんだっけ…。
と見ていたら、去年最大の心残りと書いていたペルソナ5を起動してもいないことに気づきました。

タイトルの意外な伏兵とはこのペルソナ5のこと…ではありません。
起動してしばらくオシャレな世界を進めていると、「Write Your Name」の文字が。
いつも通りデフォルトでいいやーと思っていたのですが、そう、ペルソナって意外にもデフォ名無いんですよね。
そういやアニメ化されるらしいし、その名前で!と思って見た公式サイトはいまだHero:主人公のまま。
私のセンスでこのオシャレ世界に耐えうる名前が浮かぶはずもなく、かれこれ1時間も名前入力画面で止まっております。
こんな時用に私の中のデフォ名を決めており、ドラクエもこれで乗り切ったのですが、今回は名字が必要なんですよね。

ちなみに、今までの名前は以下の通り。
ペルソナ3は結城 理(ゆうき まこと)
ペルソナ4は鳴上 悠(なるかみ ゆう)
どちらも名前にゆう(=You)が入っていることと、名字が漢字2文字、名前が漢字1文字の法則がありそうですが、たった2作なので、まだ何ともってところですね。

当てに行って外しても寒いので、適当な苗字+いつもの名前にしようかな…。
その場合、アニメの続報が出るまでに駆け抜けてしまいたいと思います。


Pro

pro_kaimasita.jpg

にっちもさっちもなので、新しくPS4 Proに買い直しました。
前に修理代が高いとどこかで見たのと、せっかくだしというのが理由です。
お安くない買い物なので、PSX前の購入は悪手だったかもですが…。

私の耳はハイレゾ音源が聞き分けられない貧乏耳なので、4K+HDRもそもそも今までとの違いに気付けるかなー。
…なんて思いながら作業してたら、接続が意外と面倒でしたよ。
HDMI2か3に繋がないとダメとか、HDMIを拡張モードにしないといけないとか…。
そんなこんなで、やっと、[設定]→[サウンドとスクリーン]→[映像出力設定]→[映像出力情報]が「3840x2160のRGB、4K出力時にHDR使用でも60Hzまで可」の状態になりました。(これが4KのHDRなんだそうです)

試しに4K+HDR対応のシャドウオブモルドールを起動してみたのですが、確かにちょっとクッキリしている気がします。
家電量販店で見る、販促用映像みたいな感じですね。
水滴のある草花に止まっていた蝶が飛び立つ映像のアレようなクッキリ感がありました。
この新環境で、トロフィーもバシバシ取っていきたいと思います。


…さて、無事に移行も終わって最後にダメ元で前のPS4を付けたら…またもや復活していますね…。
昨日までピピピッと鳴るだけの機械だったはずなのに…。
起動中もピピピッと意味もなく音がするフェイントをかけてきますが、普通に動作しています。
やはり私のPS4は他のPS4には無い自己修復機能を備えているとしか…土俵際のねばりがすごいです。
ikite_imashita.jpg

さらば支障!プレイ・ステーション、暁に死す

goodbyePS4.jpg

朝起きて電源を付けたら、お亡くなりになっていました。
ピピッという音が連続で鳴って、TVには何も映らず…。
前々から調子が悪かったので、ついに来たかーという感じですね。
前の時のようにちょっとしたら直る可能性もあるかもですが、どうしようかなー。

2017年秋のエンタメ系

houseki.jpg

今期のエンタメ系も3周くらいして大分特性が分かってきた感じですね。
皆さんは何が残りましたでしょうか?
私は、今期は以下に期待している感じです。

宝石の国
最初はウテナっぽい感じなのかな?と思いきや、ちょっと違う感じですね。
人類が滅びた世界で、人格を持った宝石たちが襲い来る月の民たちと戦うお話です。
主人公次第で熱い話にも鬱展開にもなりそうな感じ。
前者が好みですが、いきなり鬱をぶっこんできそうな気配もあるので、毎回ドキドキしながら見ています。

魔法使いの嫁
原作は5巻くらいまで読みました。
特殊な力を持つがゆえに不幸な人生を送ってきた主人公が、魔法使いの下にやってくることで世界の美しさに気づいていく系のお話。
この魔法使い、原作を読んで私の思い描いていた声より、より一層低い感じの声でした。
でもこれはこれでいいですね、イケボです。
2クールっぽいので、私の知らない話が出てくるのが今から楽しみ。

刑事ゆがみ
出世をもくろむ腹黒いところがありながらも、基本的には真っ直ぐな若手刑事を神木隆之介くんが。
その相方の不真面目だけど事件への勘は鋭い刑事を浅野忠信さんが演じています。
ストーリーがやるせない感じで好きな路線です。
倫理的には正しいけど、それ犯罪だからね…的な感じ。
ギャグとシリアスのバランスが良く、楽しみながら見れています。
あと、本作でびっくりなのが上司役の稲森いずみさん。
医龍4でおばちゃんになったなーと思っていたのですが、今作は美しいキャリアウーマン役をバシっとこなされています。
なんか若返っているような…。

仮面ライダーW
ちょっと前にAmazon Primeに入会したのですが、その会員特典で見ています。
やっぱり面白いなあ、仮面ライダーWは。
今の現行ライダーを見ていないので、比較はできないですけども。
もう7年前なんですよね。
今更ながら変身ベルトが欲しくなってくるくらい好きです。

ゲームも並行して進めてはおりますが、更新が少なくなったら上記のうちどれかを見てるんだろうなーと思ってください、笑。
プロフィール

グラットニィ

Author:グラットニィ
今日も踊っています
リンクフリー&相互大歓迎です

最近のBGM:DIMLIM『vanitas』

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR