いけにえと雪のセツナ(感)

setuna_4.jpg


今まで楽しんだゲームの傾向から、
ストーリー5割、キャラ2割、ゲームシステム2割、グッとくる度1割で振り返ります。
ネタバレしまくってます。

●ストーリー 35/50
短すぎることを除けば、全体的にしっかりできていると思います。
なまじストーリーがいいだけに、演出不足が目についてしまう感じでした。
お金かければもっと感動的に作れたと思うのですが、難しいんでしょうね…。
演出不足ゆえに、最後のヒロインの行動もいきなり感がちょっとありました。

フラグというか、話の整合性も良くできていましたね。
定期的にいけにえが必要な理由もちゃんと筋が通っていました。
最後セーブポイントも話に絡めてきたのも個人的にはお気に入り。
確かにセーブポイントって過去に遡る能力ですね。

各キャラの法石イベントもメインに絡めた方が良かったのではと思うくらいの出来。
特にキールのイベントは喋らない理由とかがエグられる感じでよかったです。
ただ、断末魔に喋っちゃいけないキャラが喋っていたような…。

●キャラ 15/20
どこかで見たようなテンプレ感はありましたが、キャラは良くたっていたと思います。
ただストーリーが短いせいか、あんまり深堀出来ていないなーと思うことも。
洋ゲーの練り込み方を見てしまうと、この辺はちょっと物足りなくなりますね。

お気に入りのキャラはジュリオンとクオン。
ジュリオンは最近漫画のアルスラーン戦記にハマってて、私の中で王様ブームが来ているのが理由。
実際にゲームに出てくる王の試練のひとつが、アルスラーン戦記のエピソードと丸カブりでしたね。
クオンはスピードキャラなのが理由。
中2病を患わっていたころから大好物なんですよねースピードキャラ。

●ゲームシステム 10/20
連携技の発動条件が分かりにくかったり、ワールドマップが無かったりと全体的に不親切な印象。
蝕まれた魔物も見分けづらいわりにめちゃくちゃ強いので、そのトラウマから無視して進むだけの死に要素になっていました。
昇華のシステムはやり込みとの親和性はいいと思うんですけどねー。
その昇華システムで使う法石のためにトドメを使い分けるのもちょっと面倒でした。

●グッとくる度 5/10
・切ない感じが出てた
・いけにえの理由がしっかりしてた
・3姉妹の喋らない理由
・EDとパッケージのリンク
などなど

●まとめると
合計65/100点。
光るところはあるだけに、惜しい感じのする作品でした。
世間の評価はあんまり高くないみたいですね。
これ、「とりもどそう。ボクたちのRPG」と銘打っていたのですが、そのあまりに激似なシステムっぷりにみんな「とりもどそう。ボクたちの(クロノトリガーみたいな)RPG」って暗に思いこんじゃった気がするんですよねー。
その辺が、雪国だけで閉じてたり、マルチエンドじゃなかったりという、今作があえて捨てたところと反発して評価が余計に低くなってる理由なんじゃないかなーと思います。

イースVIII -Lacrimosa of DANA-(感)

ys8_3.jpg


今まで楽しんだゲームの傾向から、
ストーリー5割、キャラ2割、ゲームシステム2割、グッとくる度1割で振り返ります。
ネタバレ有り有りです。

●ストーリー 45/50
イースシリーズと言えば、毎回高レベルの品質でARPGを作ってくれることで有名です。
しかしその一方で、王道すぎるがゆえに先の見えてしまう展開や、背景までしっかり描いてくれることが仇となって底の見えてしまう敵などの悩ましい枷があったのも事実なのかなーと思います。
丁寧すぎるがゆえの悩みという他社よりも一歩進んだ贅沢な悩みなんですけどね。

そこが今回どちらも大満足な形で解消されていました。
RPG的な町を廃して漂流した島に拠点を限定したことは、今まで見たことのない舞台を生み、先の読めなさに大いに貢献しています。
漂流島の謎1本に絞らずに、2章のような展開を(しかも早いうちに)入れてきたことにも、そしてそれが2章の中で完結する展開の早さにも好感触です。
そして今回は敵が具体的な人物ではなく"運命"ですからね。
しっかり描写してくれた後にも、危機感やスケールの大きさが残ったまま最期まで進み切ることが出来ました。

最後に救いが用意されているのもお気に入りポイントです。
そういえばwiki見るまで気づかなかったのですが、本作はマルチエンドだそうですね。
文句無しのシステムのおかげで自然と真エンドになりました。

さて、そんな感じでエンディングを迎えた後、改めてタイトルがでーんと出てくるのですが、そこでハッとなりました。
Ys VIII -Lacrimosa of DANA-
そう、サブタイトルってラクリモサ・オブ・ダーナなんですね。
アドルの世界とリンクしたことで、また予知の力によって、抗えない滅びが来ることは分かっていたダーナ。
それでも被害を最小限にしようと努力したり、南に旅立って少しでも生き延びようとしたり。
そんな最後まで希望を捨てず、生きることに真正面だったダーナだったからこそ、アドルたちのラクリモサは防げたんだと思います。
歴代の護人の中で、ダーナだけが避けられない絶望にも抗ったんですから。
そんなことを考えていると、このサブタイトルがまさにイース8を表すのにピッタリな気がしてグッときました。

で、そんな感じでグッときているところにこのSSですよ。ys8_4.jpg
これは反則だー!とさらに感動しました。
うーん、これは誰に向けた笑顔なんですかね。
女神化した後、冒険者に戻ったアドルを見守っているときの感じかなーと思ったのですが、プレイヤーに向けてっていうメタっぽいのもありそうですね。
いずれにしろ、ダーナがこの笑顔でストーリーが終わる展開になって何よりです。


●キャラ 20/20
イースは毎回キャラがすごくいいんですけど、今回はモブキャラ含めて一段と良かった気がします。
お気に入りのキャラは勿論アドルですが、今作だとリコッタとヒュンメルも気に入りました。
リコッタは兄妹認定認定してくるところと、世間知らず可愛い感じなところ。
ヒュンメルも実は真面目人間なところがギャップ可愛かったです。

カーラン卿はあまり好きではなかったですが、好感度MAXイベントでちょっと見直しました。
セルセタのレオの時も思いましたが、ファルコムさんこういう拾い方が巧いですね。


●ゲームシステム 20/20
トロフィーの記事にも書きましたが、前作での不満点を以下のように軒並み修正してくれたのは超高評価です。
・MAPがエリアごとに分かれて、取り逃し箇所が分かりやすい
・採集は実際に撮らなくてもカウントしてくれる
・マップは端っこピッタリを歩かなくても100%になるので、壁にめり込みながらぐるっと回る作業が不要

転移もサクサク、ジャスト回避とジャストガードも違和感全然なし。と万全。
前作をやっていると第2EX技が無いのが、おや?という感じでしたが、求め過ぎというものでしょう。


●グッとくる度 9/10
・サブタイトルのセンス
・ダーナの生きることへのスタンス
・最後の笑顔
・イースシリーズといえば外せないテンションの上がるBGM達
・2周目のオープニングで改めて見る、「ゲーテ海案内記」の序文
などなど。

欲を言えば、ラスボス戦の強制EX技カットシーンはアドルとダーナ合わせての1枚絵にして欲しかったなあ。
テイルズの協力秘奥義みたいな感じがよかったです。


●まとめると
合計94/100点。
今までのファルコムゲーの殻を自ら破ってきた作品です。
それがイースなのがまた嬉しいですね。

グッとくるところに書きましたが、ラスボス~2周目序盤まで感動ポイントが集中してありました。
良い作品だったなーまだこの余韻に浸ってたいなーと思いながら船を探索していて気づいていたのですが、牛とか船員とか結構助かってないメンバーいますね、笑。
まあイースなので、どこか安全な島に流れ着いてくれていることでしょう。

Skyrim(感)

tesv_11.jpg


今まで楽しんだゲームの傾向から、
ストーリー5割、キャラ2割、ゲームシステム2割、グッとくる度1割で振り返ります。
ネタバレにご注意ください。

●ストーリー 37/50
膨大なクエストにはただただ驚きました。
いくつか連続クエもあって、ボリューム的には大満足。
…なのですが、バリエーションがもうちょっと欲しかったです。
ギルドクエは4つありますが、どれも結局は組織の概要を把握している途中くらいで騒動が起こって、いろいろあって最高責任者になりました。というものばかりなので、もうちょっと別のパターンがあっても良かったんじゃないかなーと。

メインクエも、ドラゴン率が高いことでメイン感はあったものの、個人的にはもうひと押し欲しかったところ。
あんまりメインストーリー感が無いんですよねーあくまでメイン「クエスト」という感じ。
この点はWitcher3と比べて大きな違いだなーと感じました。
どんでん返し系が皆無なのも、このくらいの点数の理由かも。
まだまだ未クリアのクエが大量にあるので、どんでんもどこかにあるのかもですけどね。

お気に入りのクエは暗殺ギルドクエとデイドラクエ。
前者は導入のスリラー感と、組織メンバのキャラの立ちっぷりですぐに馴染むことが出来ました。
デイドラクエは邪道極まる感じで全く先が読めず、楽しんで進めることが出来ました。
点数は結構辛めにつけましたが、Fallout4よりはサブクエがだいぶ楽しかったです。


●キャラ 10/20
ここが最大のストーリーにのめり込めなかった原因かなと思っています。
似たキャラが一気に出てくるので、覚えるのが大変なんですよね。
組織の大きさを表すのにキャラをたくさん出す。っていうのはアリだと思いますし、一人一人がモブじゃなく名前付きのユニークキャラっていうのも大きな魅力なのですが、もうちょっと序列が分かりやすいのが好みでした。
この観点では先に挙げた暗殺ギルドクエは完璧だったと思います。
ギルメンの覚えやすいこと覚えやすいこと。
全員が濃いキャラだとそれはそれでお腹いっぱいになりそうなので、悩ましくもあるんですけどねー難しいです。
あと、メインクエにキャラ立った人の介入があまりなかったのもストーリーでメインっぽさを感じなかった理由かも。
ギルメンが助けに来てくれるとか、上級王が絡むとか、集大成感があっても良かった気がします。

とはいえキャラ盛りだくさんなのでお気に入りキャラも多いです。
特にセラーナさんとジェイザルゴくんがお気に入り。
セラーナさんは各地に連れて行った時のリアクションが、お嬢様の下界探訪みたいな感じでほっこりできました。
ジェイザルゴくんは大学クエ終了後に話しかけたときの「同級生からアークメイジが出てうれしい反面、かなり妬ましくもある」みたいな台詞が素直なやつめ(ノ∀`)という感じで可愛かったです。

好きではないですけど印象に残ったのが、雌ライオンのムジョル。
変な二つ名も気になるのですが、彼女の後ろにハイパーよいしょする人がついてるんですよね。
「あのムジョルがここまでうろたえるなんて…!」みたいな台詞をよく喋っているせいで、2人併せて小物感が凄かったです。
あの太鼓持ちの人、何なんでしょう…笑。


●ゲームシステム 15/20
初見のため非常に馴染みにくかったですが、慣れれば問題ないと感じるレベルかなと思いました。
隠密弓が強いのは嬉しいですが、そのせいで魔法が弱くなってしまっているのが残念な点。
ここは符呪を駆使して、達人魔法を連発できるようになっていれば印象変わったかもしれません。

あと、難しいお願いだと分かっているのですが、ローカライズの時にキャラの統一感は頑張って欲しかったです。
終始語尾や口調が一貫しているセラーナさんがいい感じだったので、他のキャラもまだまだ親しめそうなんですよねー。
ベゼスタゲー代名詞のバグはそんなでもなかったですが、フリーズはたまにありました。


●グッとくる度 5/10
・暗殺ギルドの最初のクエ
・強くなったなあ。という実感が感じられる
・スカイリムで生きている感
・膝に矢を受けてしまった元ネタの人に会える
などなど

●まとめると
合計67/100点。
やっと"合う"ベゼスタゲーが見つかりました。
クエストや未開の地がまだまだあるため、やろうと思えばどっぷりと世界に浸り続けることができますね。
ベゼスタゲーを誉めてる人が多い理由が分かった気がします。
3人称視点をもうちょっと作り込んで、ストーリーをもう一ひねりして、キャラにヒーロー性を持たせたら、これ以上ない神ゲーになる気がします。TES6や、E3で発表されるでかもと噂されてる新IPに超期待です!
…ってここまで書いて、上記修正版はWitcher3なんじゃないかという気がしてきました。

NEWダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期(感想)

drv3_5.jpg

今まで楽しんだゲームの傾向から、
ストーリー5割、キャラ2割、ゲームシステム2割、グッとくる度1割で振り返ります。
本編が楽しめなくなるくらいネタバレ満載なのでご注意ください。

●ストーリー 36/50
私はいまいちでした。
道中の、いったい誰が犯人なんだ…!?感も今までより薄かった気がするのが原因だと思います。
容疑者から除外できるメンバーが多すぎるんですよね…。
その除外したメンバーが再浮上して、まさかこの人が!みたいなのもダンガンロンパの醍醐味なのですが、その展開が少なかったのも理由かも。
その意味で楽しめたのは3話くらいまででした。
私がロンパに慣れてきているのもあると思いますが、もっと意外性が欲しかったなーと。

また、今回の大オチが私は気に食わなかったです。
理由はお仕置きシーンの残虐さが減ってしまうから。
ロンパの処刑シーンって、殺人を犯してまで必死で生きたいと足掻く人を、平気でプチっと殺してしまうところに残酷さと暗い魅力があると思うんですよね。
今回だと、2話目の処刑シーンが特にその要素が強くて良かったです。
それが嘘によって霞んでしまうような感じがイマイチでした。
スターオーシャン3が批判されているのを知らないわけはないと思うのに、よくこのオチに持って行ったなあ。と。

意外性から始まったロンパシリーズですが、シリーズ化によってマンネリしていたのも事実。
これで終わり。とファンに突きつけるには、このオチしかなかったのかなーとも思うんですけどね。


●キャラ 15/20
相変らず濃いキャラいっぱいです。
お気に入りはアンジーさん。
神様がポイント制なところが良かったです。笑。
V3のキャラではないものの、偽十神くんもお気に入り。
おまけモードの彼は輝きまくってました。

●ゲームシステム 10/20
既存部分はしっかりしてると思います。
ノベルパートは繰り返しプレイ用にオートスキップが欲しかったところ。
新システムの議論スクラムはBGMも相まってかなりグッときました。
議論スクラム時の味方メンバーに仲の悪いメンツが所属する回数が多かったのも面白かったですね。

逆にミニゲーム系はどれも微妙な操作感。
特に理論武装は何が正解か分からないほど酷かったです。

●グッとくる度 4/10
・数々のパロディネタ
・議論スクラム
・2話の処刑シーン
などなど。

●まとめると
合計65/100点。
ストーリーに期待した作品が肌に合わないと、やっぱりこのくらいの点数になっちゃいますよね。
最終作が(私には)期待外れだったのは惜しいですが、やむなしかなーとも思います。
映画のSAWもそうですが、やっぱり1作目の衝撃には勝てないですもんね。
ただ、数多くのフォロワーを生み出したことに、このロンパシリーズの真価はあると思います。
ありがとうと、おつかれさまでしたをスタッフに送りたいですね。

龍が如く 6(感想)

ryu6_1.jpg

そういえば感想書いてなかったシリーズです。
今まで楽しんだゲームの傾向から、
ストーリー5割、キャラ2割、ゲームシステム2割、グッとくる度1割で振り返ります。
今まで以上にネタバレ有なのでご注意ください。

●ストーリー 42/50
桐生さん伝説最終章!と銘打った本作。
皆さんの感想は、いかがだったでしょうか?
私は…うーん、ちょっと物足りなかったかなあ。
通常の龍が如くとしてなら満足したのですが、最終章として。となるともうひと押し欲しかったです。
とはいえこのハードルは相当高いと思いますので、及第点なのかなと思っています。
あ、続編が作りにくいという意味なら最終章も納得です。

さてそのストーリーですが、やっぱり一番気になったのは敵の格問題ですかね。
桐生さんが1968年生まれの48歳(発売日の2016年12月時点)ということもあり、全体的な高齢化とそれによる格上の敵が高齢で出せない問題が深刻化してきています。
でも私たちが期待しているのはかっこいい桐生さんなんですよねー。
このあたり、ドラゴンボールでも克服できなかったジレンマを抱えてる気がします。
今回の敵は漢気というよりただただゲスいだけ。
うーん。悪くはないんですよ。
ただ、郷田龍司を超えるライバルはついに出てこなかったなあ。と。

ストーリーであと特筆すべきは、尾道の秘密とハルト君、あと最後の手紙でしょうか。
尾道の秘密は良かったです。
最初はビートたけしさんが本当の親玉ってオチかなーと思っていたのですが、こっちのオチのほうがずっといいですね。
ハルト君も驚きの展開でした。
前情報からは完全に他人の子だな、と思い込んでいましたからね。
ただ確かに、桐生さん最終章を語るのであれば遥ちゃんの親離れは語らないとダメですね。
1からプレイしていたため、お前なんかに娘はやれん!的な親心は感じましたが。笑。
あと、最後の手紙の相手。これも予想外でしたね。
ただシリーズ通じてあんまりそんな心配してる印象持っていなかったので、ちょっと唐突に感じてびっくりしました。

最後に、遥ちゃんのラスト台詞にも触れておきましょう。
「がんばれ、がんばれ…!」ってやつです。
ハルト君が歩けるように声をかけてるんですが、このとき遥ちゃんは桐生さんに気づいてたと思うんですよね。
実際に姿を見たわけではなくて、オーラを感じたというか。
そこで、この台詞。
これはハルト君に向けてもあるんでしょうけど、桐生さんに向けてでもあったのかなーと思います。
紆余曲折あって、やっぱり大団円とはならなくて、遥ちゃんのもとから去ることを選んでしまう桐生さん。
そんな桐生さんに向けて、感謝と、別れの気持ちと、今後の桐生さんの新しい人生に向けての「がんばれ」だったんじゃないかなーと。
そう考えると、結構グッときました。


●キャラ 10/20
真島の兄さんの出番が超少ないです。
龍極であんなにウザいと思ったのですが、今作は少なすぎてちょっと寂しい…。
桐生さんは相変らずかっこよかったです。

●ゲームシステム 20/20
新システムになりましたが、特に違和感なくなじめました。
オーラも青に戻っていましたね。やはり桐生さんと言えば青オーラです。
ただ、代わりに敵が全部赤オーラになってましたね。
あと、微妙に桐生さんのモーションが変わっていたのも気になりました。

ミニゲームも操作が一新されてました。
ダーツは狙いとミスの乖離がよりダーツっぽくなった気がします。後半はヌルゲーになりますが。
カラオケは譜面が追うのが結構大変でした。
動きをいい感じにクッキリ補足してくれる機能のある、いいテレビに買い替えたらもうちょっと楽だったのかも。
野球は変更後の方が面白かったです。ってこれはトロフィーにあまり絡んでないから言える感想かもしれません。


●グッとくる度 7/10
・遥ちゃんの最後の台詞
・野球の試合開始の円陣で、ちょっとスローモーションになるところ
・RIZAPの12トレーニング終了後のポーズ
などなど、各所でグッとくるところがありました。
権利的に難しいのは分かっているんですが、やはり最終バトルではReceive Youをかけて欲しかったなあ。

●まとめると
合計79/100点。
ついに終わっちゃった…という感じです。
前述のとおり、どこかでケリをつけて若返りしないといけない時期だったのは重々承知しているんですけどね。
とはいえ続編を作ろうと思えば作れるのも事実。
桐生さんが青に戻ったことで、四神と絡めてくるのかなと思ったのですが、青龍:桐生さん、鳳凰:秋山、くらいで手が止まりました。
玄武を冴島は出来なくもなさそうですが、狂犬真島の兄さんが白虎ってのはなあ。犬と猫だし。
あと、上記だと若返り出来てませんしね。
シリーズの今後がどうなるのか、期待しながら待ちたいと思います。
その前に、戦国時代あたりで番外編が出てきそうな気がしないでもないですが。
プロフィール

グラットニィ

Author:グラットニィ
今日も踊っています

最近のBGM:ジャシー『男前』

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR