二ノ国(1)

UNRAVELでは思いのほか癒されなかったため、更なる癒し成分を求めて二ノ国を開始しました。
流石にすごい癒しパワーです。
アニメもジブリが協力しているだけあって今のところ高品質です。
美味しそうな目玉焼きや、泣くときのくしゃっとした顔、ごちゃごちゃした雑貨屋などのジブリあるあるが早速出てきています。
まだまだストーリーは序盤なのですが、最初から怒涛の展開で度肝を抜かれました。
お母さん役の人が大根のため、あまりのめり込むことは出来ないんですけどね…w
これもジブリあるあると言えばそうかも。

ハードはPS4を選択しました。したがって、PS NOWでのプレイになります。
90日のレンタルで、1620円と結構お値打ち価格でした。
RPGではありますが、流石に3ヶ月もあればクリアできるかなーと思っています。

さて、ここからはそのPS NOWの感想です。
●良かった点
・想像以上に安定している
 クラウドストリーミングとのことで、カクカクするんじゃないのかなーと思っていたのですが、今のところ非常に安定しています。
 たまにカクっとなるくらいです。正直いい意味でびっくりしました。

●悪かった点
・10分無操作だと、回線切断される
 切断されたらPS4やVitaのスタンバイ状態にはならずに、本当に電源オフの扱いになります。
 つまり、セーブポイントからやり直しです。
 他の人に回線を明け渡すため。らしいのですが、10分は少し短いような…。
 ポーズしてお風呂入ってくるかなーとかが出来ないのはちょっと不満です。
 ちなみに、切断1分前(無操作から9分後)から「切りますよ?」と警告が出ます。

・スクリーンショットが取れない
 PS4を使っていたので行けるだろうと思っていましたが、PS NOW全般がSS禁止のようです。
 しばらく、簡素なブログになりそうですw

・通知が多い
 頻度がすごいです。
 回線が少し不安定になるたびに、右上にそれを示すマークが出ます。
 実際にはゲームにそれほど影響ないケースがほとんどのため、そこまでたくさん報告してくれなくても…という気になります。
 これは私の家の回線の問題もあるかもしれません。
 また、PS3であった、「***さんがログインorログアウトしました」という通知の表示も復活しています。

・DLCが入れられない
 追加データとなるDLCは基本的に反映できないようです。
 ソースはこちら
 二ノ国はオールインワンエディション(既にDLCが入っている状態)のため問題ないようでほっとしました。

・PS3の機能を使用するようなトロフィーが取れない
 こちらも二ノ国は関係ないですが、一部トロフィーが取得できないゲームが報告されているようです。
 トロフィー愛好家なら5分でトロコンできるゲームとして知らぬ者はいない、「グミ先輩の不思議空間」もそのひとつ。
 トロフィー:デチューン(自分のプレイリストを再生しながら音のエフェクトを最大にする)がPSNOWだと取得できないとの報告が挙がっています。
 あまり多くない事例だとは思いますし、トロフィー意識しない人には関係ない話ですが…。

操作感は、PS3を起動しているような感覚です。
しかし上記のとおり、プレイするゲームによってはストレスに感じそうな項目がいくつかありました。
二ノ国はDLC全部入り&トロコン可能&ダンジョン以外はいつでもセーブ可能。と、結構相性がよさそうでなによりです。

UNRAVEL(感想)

unr3.jpg

今まで楽しんだゲームの傾向から、
ストーリー5割、キャラ2割、ゲームシステム2割、グッとくる度1割で振り返ります。

●ストーリー 10/50
うーん、やはり雰囲気ゲーでなので、さっぱり分かりませんでした。
以下は私がなんとなく、こうじゃないかと思った妄想ストーリーです。

事故でおじいさんに先立たれ、一人寂しく老後を過ごしていたおばあちゃん。
そんなおばあちゃんのために、趣味の編み物セットからこぼれ落ちた毛糸人形ヤーニーが奮闘します。
写真を頼りに想い出同士を糸で結ぶことで、みんなの記憶を呼び覚ましていくヤーニー。
色あせた表紙の無い状態だったアルバムは、楽しい時や辛い時、いつも一緒だった毛糸の編み物でいつしか彩られ、想い出が家族に伝わっていきます。
こうして娘と孫がおばあちゃんの家に訪ねてくるようになり、おばあちゃんは幸福に包まれた老後を送ることができたのでした。

的な。
合ってるかどうか全然自信ないので、正解をご存知の方はぜひ教えてください。

●キャラ 8/20
ヤーニーがせつなかわいい、ということに尽きます。
他のキャラはほぼ登場しません。
とか言いつつ、靴を川に流されてしまったにもかかわらず、バンダナを足に巻いて「うむ!」みたいなポーズを取っているお父さんもお茶目で好きw

●ゲームシステム 10/20
バグ等は無いですが、新鮮味もありません。

●グッとくる度 4/10
けなげなヤーニーにグッときます。
後半のステージでは頑張れ!立つんだ!と感情移入しました。
また、エンディングではより一層ヤーニーがリアルに描かれており、かわいさ倍増です。
unr1.jpg
この、ぺたり。っていう感じが、何とも言えず好きです。

●まとめると
合計32/100点。
雰囲気ゲーなのでこんなものでしょう。
温かい雰囲気なのに意外と死にまくるところは好き嫌いが分かれそう。
ちなみに、上記妄想ストーリーで、アンラベル(ラベルの無い状態)っていうのが最初のボロボロのアルバムと掛けていると思っていたのですが、よくよく見るとUNLABELではなくUNRAVEL(もつれた糸をほぐす)でした。
お恥ずかしい限りです。

UNRAVEL(完)

unr2.jpg

コンプしました。
本作もお求めやすい価格(2000円弱)にもかかわらず、プラチナ付きです。
カニやGがリアルで気持ち悪い!とかかわいいこと言いましたが、そういえば私は核戦争後のアメリカで巨大なGやカニを素手で殴り殺し、その肉を生のまま食していたんでした。(Fallout4の話です)
そんな感じで色んなゲームを遊んだおかげで、虫耐性が結構ついてきたように思います。
ただしボダラン1の虫だけは、お腹を見せつつ奇声を上げながら飛翔してくるので全然無理無理ですが…。
最後に取得したのは「隅々まで調べる(すべての秘密を発見する)」でした。

●スキル系鬼門
・もろくはない(最初から最後まで死なずに全てのレベルをクリアする)
一見達成が非常に困難なように思えますが、誤訳です。
1回も死なずに、通しでクリアしたステージは写真立ての右上or左上に金色の王冠がつくのですが、それを全部の写真立てで集めるとトロフィー取得できます。
つまり、何度やり直してもOKです。
ミスったら、ポーズからリスタートを選択し、ステージの最初からやり直しましょう。
私が個人的に苦労したのは、プレーリードッグのステージと落石のステージ、あと落雷のステージでした。
プレーリードッグから逃げるところはジャンプすると速度が下がることに注意。
落石のステージは落石通過後の橋梁移動でミスしやすいです。前半最後の箇所は特に難関なので、そこだけLで結び目作ったほうがいいかも(全部L結び目だと毛糸が足りなくなるので注意です)。
落雷のステージは電線が大変。落雷のタイミングにはランダム性がありますが、落雷後に電線がビリビリするタイミングは固定なので、0.5秒後くらいにジャンプを心がけましょう。

・平和主義者(蚊を一匹も叩かずに一回のプレイで泥沼を通過する)
ステージ個別トロフィーの中ではこれがおそらく最難関です。
左にいったん移動してからダッシュで右に向かったり、わざと水に入ったりしながら、なんとか蚊を撒きましょう。
このトロフィーだけ取得タイミングが条件達成時ではなくステージクリア時であることにも注意。
トナカイが蚊をつれて行ってくれた時に獲得できなくても、やり直すのはまだ早いです。


●作業系鬼門
・隅々まで調べる(すべての秘密を発見する)
自力だと結構大変だと思います。
が、自力で発見することに対して面白みもない項目なので、サクッと動画をまねちゃいましょう。
オススメはこちらのシリーズ。


●取得時のデータ
PSN上のプラチナ取得率は1.8%
最も取得率が低いのは「もろくはない(最初から最後まで死なずに全てのレベルをクリアする)」の1.8%でした。

結構むずかしめのアクションでびっくりしました。
癒しを求めて購入したのですが、やり込むにつれてあまり癒されない結果に…。
雰囲気はいい感じだったんですけどね。
SSは本作のプラチナアイコンです。
ハートが隠れているのがかわいいですが、ちょっと地味な気も。

龍が如く 極(感想)

ryukk.jpg


今まで楽しんだゲームの傾向から、
ストーリー5割、キャラ2割、ゲームシステム2割、グッとくる度1割で振り返ります。

●ストーリー 40/50
錦のためのリメイクでした。
1のリメイクとなる今作では、オリジナルで語られなかった「錦山が鬼になるまで」のストーリーが大幅追加されています。
そのせいで、章が変わるたびに錦の悲痛なムービーを見せられることになります。
やりたいことは分かるのですが、進めている最中はまた鬱ムービーかー嫌だなあ。というのが率直な感想でした。
ただ、このおかげで最後の盛り上がりはオリジナル版以上になっています。
あまりに錦に肩入れしすぎて見てしまったため、由美の「逃げずに現実と向き合いなさいよ!」みたいな台詞に、「向き合った結果、妹を失うことになったんだよ!」とイラッとしてしまうほどでした。
また、返り血で髪をかき上げ、髪型を変えることで今までの弱い自分と決別することを象徴しているシーンは、あるだろうなーと予想はしていたものの実際に目にするとグッときました。

桐生さんサイドから見ても、本作は良作だと思います。
話の面白さで並べると、2>4>1>0>3>5って感じかなあ。
東城会の全容が見えていないため、こんな大きな組織とどうやって渡り合えばいいんだ…という感じが非常に良く出ています。
3以降は、桐生さんより格上の敵がいない。というタレント不足が深刻になってきているのですが、今作はだいぶ層が厚いです。
とくに格上の象徴である嶋との戦いは、BGMが1の主題歌:Receive Youであることもあり、非常に盛り上がりました。
ただこの曲、ココと真島の兄さんとの決戦の2場面でしか使われないんですよね。
ラストバトルで使っても良かったような気がします。

今作はプレイする前に、龍が如く0をクリアしておくことをオススメします。
ラストバトルでの殴り合いの際に回想が入るのですが、ここに対する思い入れが雲泥の差になるからです。
サブストーリーも龍が如く0プレイ済みが前提のものがいくつかあります。
0以外は遊んでいなくても大丈夫です。
エンディングで秋山が出るかと思ったのですが、出ませんでしたので。

●キャラ 18/20
みんな漢を張っていて好きです。
お気に入りは桐生さん。
やはり1はあの名台詞「死にてえ奴だけ、かかってこい!」は外せません。
敵キャラでのお気に入りは嶋。
隙あらばいつでも天下を取る。という姿勢と実力の幹部がいると、組織も締まって見えます。
小牧流3大奥義の一つ、虎落としが彼に決まりやすいのも、洒落が効いてて好き。
真島の兄さんも好きだったんですが、ちょっと今作は出過ぎです。

●ゲームシステム 15/20
いつも通りの龍が如くです。
流石に10年かけて練り上げたシステムは穴が無いですね。
龍が如く0から継承された、スタイルを使い分ける戦闘も、戦いに幅が出て好きです。
超スタイルの極みは若干面倒でしたけど。
唯一違和感があるのが、桐生さんのオーラの色。
1~5までで、桐生さん=青オーラというのが頭に染みついているため、最強桐生さんが赤オーラというのがイマイチ馴染めませんでした。

●グッとくる度 8/10
毎度おなじみカラオケが、ほぼ過去曲のリミックス作品ばっかりだったため、合いの手のキラーフレーズが無かったのが残念。
オトメタルmylifeの「青春~!」にクスッときたくらいでした。
ただ上に挙げた通り、本編は流石の出来。
錦の覚醒と回想付きパンチの重さ。
桐生さんの名台詞。
嶋との決戦時のReceive You -Reborn-。
など、熱くなる要素が満載でした。

●まとめると
合計81/100点。
遥ちゃんが若干ブサリメイクされていることと、真島の兄さんを安売りしすぎた以外は概ね満足の出来でした。
特に兄さんは、今作の流れだともう5代目を襲名してもいいような献身っぷり。
この流れだと、極み2も出そうな気がしますね。

あ、ReceiveYouのアレンジ版は個人的にグッとくる曲なので、こちらにリンクを置いておきますね。

UNRAVEL(1)

unr.jpg

激ムズです。

雰囲気パズル付き横ACTなのですが、思いのほかACT成分が強かったです。
その結果、解法が分かっていても操作ミスで死んでしまうことが多々あります。
ノーデストロフィーがあるのですが、これちょっと無理かも…。

また、雰囲気ゲーなのですが意外にリアルなことにも注意。
カニやGが結構なリアルさで動いているので、あんまりリトライしたくないです。
ストーリーをクリアしたら、投げちゃうかもしれません。

龍が如く 極(完)

pryu.png

なんとかコンプしました。
歴代最高峰に難しかった気がします。
最後に取得したのは「喧嘩の達人(ゲーム本編を難易度EX-HARDでクリアした)」でした

●スキル系鬼門
・喧嘩の達人(ゲーム本編を難易度EX-HARDでクリアした)
第9章のカーチェイスが非常に難しい。
何度もやり直しが必要になると思います。ゴールイメージはこちら
意外に早く連射できる。ということと、ギリギリで車内に避難しても桐生さんはダメージを受けてしまう。ということを覚えておくといいかもしれません。

-マシンガンを乗せたバン
 私はコイツラが得意でした。2ターンで倒します。
 1ターン目:マシンガン持ちに超連打。途中1回だけ奥のやつを青に戻します。どちらも青になったらリロード。
 2ターン目:マシンガン持ちを仕留めたら、スナイパーは放っておいてドライバーに超連打。動きが少ないのでよく当たります。

-蛇華トラックお目見え
 まずは2番目の敵に連打。1番目の敵は撃たれそうになったときのみスローモーション付きでヘッドショット。

-ロケラン持ち(右)
 ロケラン使いは狙わず、雑魚処理に専念。ロケラン発射されたらスローモーションで弾を撃ちましょう。雑魚パターンは2→1→2→1(ドライバー)とかだったはず。ドライバーへの移行とロケラン発射が重なると、視点移動によって弾が画面外に行き、処理できなくなるので注意。

-ロケラン持ち(左)
 同じく雑魚処理に専念。雑魚パターンは2→1(ドライバー)だった気が。雑魚を処理したら、弾をスローモーションで確実に落としつつ、ゆっくりロケラン持ちを倒しましょう。

-バイク祭り
 同じく雑魚処理を優先、計6機です。とはいえトラックの敵はマシンガンのため、発射即ダメージです。スローモーションで青に戻すのが理想ですが、どうしても食らいそうなら車内に避難を。後述の理由で、ここでは死にさえしなければある程度ダメージをもらってもOK。私はここが非常に苦手だったので、雑魚にスローモーションを使ったりもしました。

-トラック突撃
 スローモーションのボタンを押しっぱなしにして、ひたすら連打。意外に早く連射できることを思い出しましょう、モーションを待ってたら追突されます。ひるんだらリロードを。1回の追突で半分以上ゲージを持っていくため、追突=死です。ここだけは上の動画のように完封の必要があります。

もしかしたら、最後は追突されても耐えられる設定なのかもしれませんが、私は上記でクリアしました。
ちなみにリトライの度に戦うことになるラウカーロンですが、HPを削り切っても倒せないことがあります。
これは武器の耐久度が残っているせいなので、虎落としやヒートアクションをやめて、通常攻撃に切り替えましょう。


・おじさんを極めし者(遥のおねだりEXランク獲得)
難しいのは以下の2つ。

-ビリヤード:ローテーションの特級で勝利
序盤はパワーMAXでラッキーイン狙い。後半の高ポイントゾーンは龍3で編み出された定規法を使いましょう。
ポケットの中心と的球の中心を結んだ延長上に、手玉の中心が来るように当てると上手くいくのですが、その延長線を定規で見える化しちゃおうぜ、というのが定規法です。
詳細な説明はこちら

-カラオケ:オトメタル my lifeで950点
ただでさえ難しい曲なのに、これが課題になるだなんて…今夜はTonightならどんなに良かったことか。
動画を参考にひたすら練習あるのみですが、「これがたぶん…初恋?」の箇所は耳からの情報ではなく、目からの情報を頼りに押した方がいいかもしれません。
また、その直後の「みんなでじゃなくて」はものすごく早いため、いっそボタン連打してしまうのも手だと思います。


・遥に優しく(プレミアム・アドベンチャーで遥と手をつないだ状態で1km歩いた)
水たまりや段差で一瞬手を放すので、実は激ムズ!?と思いましたが、どうやら累計のようです。


・極限を極めし男(究極闘技を全てクリアした)
全体的に難しいが、特に難関なのは以下。
狂犬と極限は割と簡単です。

-試練闘技其の七
一番難しいです。
ある程度向きがあっており、ある程度距離が近いと発射時にオートエイムしてくれます。
2エリア目の最後は、一旦横ゴロンで回避した方が安定するかも。
また、最後のエリアはボスがダウンしたらゴールに向かい、そこから振り向いて撃った方が、最後の移動距離が短くなります。

-乱戦闘技其の十
こちらも何回もやり直しました。
柏木さんは初手でヒートアクションを決めた後が難関。ケンカキックで完封動画が上がっていますが、私には難しかったので、ガード固めて殴り合いました。もちろんヒートが溜まったら椅子使いました。
2戦目のボス、荻野は実は掴めるので、攻撃を避けたら掴む。を繰り返しました。ガードできない下段攻撃を持っているので、投げ&ヒートばっかりやってました。
最後の世良さんは、灯篭で極みをしようとすると結構潰されたので、もう灯篭を諦めて殴り合っていた気がします。


●作業系鬼門
・神室町を極めし男(達成目録の達成率が100%になった)
武器100種類、防具70種類獲得が突出してめんどくさいです。
コンプをしなくていいのは救いですが、ほぼ全て集める必要があります。
私は麻雀と将棋を諦め、闘技場と賭場をやり込むことで取得しました。
後半資金難になったら取得済み武器は売ってしまいましょう。

・堂島の龍が復活やでぇ!(どこでも真島での能力強化をすべて完了した)
レア兄さん(ゾンビ真島とアイドル真島)と出会えなくて手間取りました。
私は非ヒート状態で九州一番星を出入りしMAP上に真島反応があったら開運の数珠を付けて何真島かを確かめに行く。ということを繰り返して、お目当ての兄さんと出会いました。
音の真島反応ではなく、MAP上の真島反応というところがポイントです。
(音だけの場合、その時点でお目当てでないことが確定しているため。)
ちなみに、全て夜に会うことが出来ました。

●取得時のデータ
PSN上のプラチナ取得率は0.6%
最も取得率が低いのは「喧嘩の達人(ゲーム本編を難易度EX-HARDでクリアした)」および「神室町を極めし男(達成目録の達成率が100%になった)」の0.9%でした。

まさかミニゲーム以外で手こずるとは思いませんでした。
まあカーチェイスもゲーム内ミニゲームなんですけども…。
また、遥ちゃんも10年の時を経て、大人になりましたね(おねだりの気づかいが)。
最後のボウリングとバッティングセンターのおねだりは設定ミスじゃないのかと思うほどでした。

龍が如く 極(3)

停滞しております。

遥のおねだりのオトメタルmylife:950点をヒイヒイ言いながらもクリアできたので、次の記事はコンプ報告だろうなーと思っていたのですが、予定通りに進んでおりません。
その最大の関門は、Ex-Hardの本編第9章のカーチェイスです。
龍0でも難しかったですが、今作は一段と難しくなっている気がします。

挑戦回数は10回くらいですが、まだ一度もトラック上のロケラン持ちを倒せておりません。
リトライするたびにマフィアの拠点を制圧するところからやり直さないといけないのも面倒です。
マフィアのボス、ラウカーロンはHPを削り切っても武器の耐久度が残っている限り倒せないので、リトライが更に面倒になっています。
せめて直前セーブはさせてほしいなあ

龍が如く 極(2)

ryuk.jpg


ヨチヨチ進めております。

達成目録100%にして、本編をクリアしました。
前回ヒートアクションについて熱く語りましたが、プレイログの方はコンプしなくても良かったんですね…。
武器防具が面倒なだけで、あとは比較的すんなりいった気がします。
あ、オトメタルmylifeだけは難しくて何度もやり直しましたけど。

もしプレイログの方もコンプが必要だった場合、麻雀や将棋もやりこまないといけなかったんですね…危ない危ない。
現在はプレミアムアドベンチャーに行く前に、究極闘技に挑んでおります。
が、今回の究極闘技は歴代最高峰に難しい気が。
突出して難しいものも存在しますが、全体的にレベルが高い気がします。
なかなか、歯ごたえがありそうです。

SSは闘技場でのポイント稼ぎ中で、会心の出来だったものです。
今作は虎落としが過去作よりも出やすくなっている気がします。
そして、それを前提で究極闘技が設定されていそうな気も…。

龍が如く 極(1)

トコトコ進めております。

期待を胸にゲームを起動し、オープニングムービーを見てびっくりしました。
曲、そっちなんだ!
曲はB'zの稲葉さんが2曲提供されていて、1つは書き下ろし、もう1つが龍が如く1の主題歌:Receive Youのアレンジ版でした。
当然後者がオープニングを飾ると思っていたので、書下ろし曲バラードだよ!?とか、哀愁漂い過ぎてない!?とか、少し戸惑いました。

ゲームのほうは現在第6章です。
維新で苦労した達成目録は今作でも健在で、現在50%まできました。
恐らく今作もこれが鬼門になってくるような気がします。
特に武器防具、ヒートアクション、真島の兄さんあたりのコンプが大変そう。
私がハマった出しにくいヒートアクションは以下。
 「噛みしめの極み・爆」→ポケサースタジアム横の公園前に爆竹が落ちています。公園内じゃないことに注意。
 「熱湯の極み」→セレナ前などに落ちています。
 「注射針の極み」→賽の河原の入り口がある公園に落ちています。
 「ペンチの極み」→ことぶき薬局裏の空き地。小さいので見つけづらいです。
 「暴飲の極み」→神山兄(今作では出ていませんが)の部屋前にあります。龍0でキノコ売ってたとこ。
 「壊し屋の極み・ヘッド」→電柱などで発生しますが、当たり判定がとにかく厳しい。敵の足が柱の横に来る感じで。
 「壊し屋の極み・投げ潰し (裏)」→銃でダウンさせると、ダウンが長くなり余裕が出ます。
 「壊し屋の極み・鉄塊潰し」→ミレニアムタワー前、たこ焼き屋横の配電盤を持って発動。
 「壊し屋の極み・突破」→体力全快じゃなきゃいけないのが難しい。4人に囲まれることはそう無いので、アイテム持ち込みまくってイベントで狙っていった方がいいかも。

ミニゲームはそこまでの難易度じゃなさそうだなーとリスト見て思っていたのですが、今作では悪名高き「遥のおねだり」が復活しているそうですね。
リメイク版じゃ無い方の龍が如く1では、バッティングセンターの難易度:メジャー級で全球ホームラン打って~というおねだりに応えるため、非常に苦労した記憶があります。
今作は果たして、どんなおねだりをしてくるのでしょうか…?

オーディンスフィア レイヴスラシル(感想)

ods.jpg

今まで楽しんだゲームの傾向から、
ストーリー5割、キャラ2割、ゲームシステム2割、グッとくる度1割で振り返ります。
私はこのゲームが大好きなため、超色眼鏡つきでお送りします。
ネタバレ要素に触れているため、未プレイの方はご注意ください。

●ストーリー 50/50
数えきれない多くの理由で、私はこのゲームを神ゲー扱いしています。

・クライマックス感が素晴らしい
このゲームは各主人公にフォーカスする1~5章と、そんな彼らが迎える終焉を描く第6章から作られています。
この第6章の避けることのできない悲劇は物語序盤からずっと提示され続けており、6章に到達したときの「ついにこの時が来てしまったか…」感は物語のクライマックスであることを強く意識づけ、気分を非常に盛り上げてくれます。
このクライマックスのクライマックスっぽさは最近の冗長すぎるゲームと一線を画しています。
また、この終焉を決定する選択が謎解き要素になっており、プレイヤーが選択できるようになっているのも素敵。
バッドエンドもミリスの語りが非常に切なくお気に入り。
バッドエンドすら美しいと思わせるゲームはなかなか無いです。

・意外性が素晴らしい
最後に生き残るのは2人…という避けられない予言と、主人公が5人いるというジレンマ。
それに見事にハッピーエンドで応えてくれたシナリオチームは称賛を惜しみません。
特に秀逸だと思っているのは、終焉のメルセデストゥルーイベント。
RPGをある程度経験したプレイヤーなら、そうだったのか!と唸ること請け合いです。
私はシナリオに大オチやどんでん返しを求める傾向が強いのですが、本作は見事にその期待に応えてくれました。
この点で本作に勝てるシナリオは、私がプレイしたものだとEver17かMGS3くらいです。

・リンクが素晴らしい
本の中の出来事。とか、昔話の話で。みたいなストーリー構成は結構よく見ます。
本作も、現代に生きるアリスちゃんが、おじいさんの書斎で本を読み進めるという導入になっています。
通常のゲームだと本の中の話は、本の中で完結し、現実世界の読み手は特に役割を持ちません。
が、このゲームは本と現実世界が最後に結びつき、読み手のアリスちゃんにも役割が生まれます。
同じ目線がゆえに、アリスちゃんに自分を重ねてゲームを進めていたプレイヤーは、アリスちゃんに役割が与えられたことで、本の中の世界から自分が手招きされたような感覚に陥ります。
この強い没入感もこのゲームを語る上では外せないと思いました。
端的に言うと、往年の名作映画:ネバーエンディングストーリーっぽくてステキ!という感じです。
ですので、私にとってのオーディンスフィアを象徴する1枚は、このSS(=PS2版パッケージ)をおいて他にありません。

・読後感が素晴らしい
エンディングは大団円なので、それはそれで晴れやかな気分になれるのですが、本作はもうひと工夫しています。
それが、トゥルーエンド後に流れるカーテンコール。
何気ない商人との会話ですが、このカーテンコールの終わりにあの文字がドン!と出ることで、小説を読み終わって本を閉じ、余韻とともに表紙を眺めるようなあの感覚を味わうことができます。
この、「この本はここで終わり!」という感じがキリの良さが、読み切ったぜ!というこの上ない読後感を演出しています。
前述の、なぜアリスちゃんが物語に介入することができたのか?の綺麗な回答になっているのも素晴らしいところ。

・上記に書いたものすべてを盛り上げる、台詞回しが素晴らしい
私は兵庫県宝塚市にすこし住んでいたこともあり、宝塚歌劇団が好きです。
そんな背景もあって、この演劇で観ても遜色ないようなポエミーな台詞回しは、私的には大ヒットでした。
これは、人によっては苦手な人もいるかもしれません。


●キャラ 20/20
どの登場人物も一生懸命に生きていて素敵です。
お気に入りはアリスちゃんとオズワルド。
アリスちゃんは本作をハッピーエンドに導いた一番の功労者なのでお気に入り。
本を読んでいた子がいい子でよかった…!という感じです。
オズワルドはポエム感が強くて好き。
PS2の時は恥ずかしくて見ていられませんでしたが…私も大人になったなあ。

●ゲームシステム 15/20
PS2から大幅な改善が図られています。
特にフォゾンを貯めて放出できるようになったのは大きな変化。
昔は植物を育てるために、Lv9のエクストラフォゾンばかり作っていた気が…。
おかげでLvもサクサク上がりテンポもだいぶ良くなりました。
ただやはり、5キャラ分はどこかで飽きが来てしまいますね。
本作は終焉にこそ魅力が詰まっているので、途中放棄しがちなのは惜しいところです。
ボスの使いまわしが多いのも飽き易くなる一因と思われます。

●グッとくる度 10/10
美麗なグラフィック。
昔好きだったネバーエンディングストーリーのようなリンク感。
素敵な台詞たちと、それに足る声優さんたちの演技。
アハ体験に近い意外性。
さわやかな読後感。
などなど、私の琴線に触れる要素がたくさん詰まっています。

●まとめると
合計95/100点。
神ゲーは年月を経ても神ゲーでした。
リメイクによって知名度がさらに上がったのは、ファンとしてはうれしい限り。
思い入れが強すぎて、過去に例を見ないほど高得点を付けてしまいました…特にストーリーの満点はやりすぎだったかもしれません。
でも後悔はしていません。いいものは、やはりいいものなのだ!
なかなかハードルは高いですが、今後このゲームを超えるシナリオが出てきたら、51点とか付けようかなと思います。
プロフィール

グラットニィ

Author:グラットニィ
今日も踊っています
リンクフリー&相互大歓迎です

最近のBGM:Rides In ReVellion『BLAZING HEART』

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR