スターオーシャン5(3)

so_3.jpg

やり込み要素がなかなか終わりません。

前回もう少しだと言っていた、レシピ埋めが完了しました。
これでもうセーブ&ロードしながらクリエイティブ合成をしなくて済むんだ、よかった…と思っていたら、アイテム図鑑100%のトロフィーもあるんですね。
こちらも負けず劣らずクリエイティブ合成頼みのコンテンツなので、非常に大変でした。
特に後半購入できなくなるレスリアの買い忘れショップ品を合成で作成するのはこたえました。
これからプレイ予定の方はお気を付けください。
参考にしたのはこちらのサイトです。

アイテムは揃ったので、エネミーも埋めようかと思ったのですが、こちらは取り逃し要素があるんですね。
主に遺却のカテドラルの中ボスを取り逃してしまっていたので、こちらは2周目で回収予定です。


バトルコレクションもコンプしました。
面倒だったのは以下です。
・○○で弱点攻撃して撃破
 フィオーレのセイクリッドペインを使用した後、キャラを切り替えて対象属性のカードを使いましょう。
 属性攻撃でトドメを刺さないと取得できません。

・スピード勝利3秒
 3秒未満で倒さないといけないので、3秒ではダメです。
 オススメはダカーフ行動。
 メタルゴーレムが1体だけ出てくる箇所があるので、攻撃が十分足りていたらここで粘りましょう。

・Long攻撃連続○○回命中
 遺却のカテドラルのボス、ストームドラゴンで狙いましょう。
 ロール:アサシンをつけたエマーソンでチクチクします。
 連打しているとたまに躱されるので、角度に注意です。

・ガード連続○○回成功
 呪印聖殿やラスダンなどのスライム系から距離をとる戦法がオススメです。

・○○でフィニッシュ攻撃連続5回
 敵を5連続で倒すのではなく、バトルをそのキャラのトドメ攻撃で終わらせることを5回しないといけません。
 他のキャラをマニュアルにして挑みましょう。

・累計ヒット数○○回
 こちらも遺却のカテドラルのボス、ストームドラゴンのお世話に。
 最初は風魔法意外禁止にしたフィオーレが回復役にならないかと思っていたのですが、全く攻撃をしてくれず失敗。
 じゃあ物理ならどうかなと思って、エマーソンに風属性武器を装備したところ、見事回復役になってくれました。
 作り込みが甘いですよ、開発さんw
 エマーソンとミキ以外は武器を外した状態で、丸2日放置することで獲得できました。
 上記の間、操作キャラはフィデルにして、連コンで○連打状態にしていました。
 ヴィクトルの血風やアンヌのフラッシュ・チャリオットがHit数の稼ぎ頭ですので、こちらのみのスキル装備にしましょう。

・敵を累計100回状態異常にする
 ロールがあるものはロールを。
 ないものは適当な装備に5-10%くらいの追加効果を武器強化で作成して挑みましょう。
 オススメの稼ぎ場所は、SSのミノーズ海岸東。
 ハデスクラブが呪いにならないですが、虫が呪いにかかるので、ここだけで全て終わります。

これで1周目で出来ることは大体終わったかなー。

スターオーシャン5(2)

ストーリーはサックリ終わったのですが、やり込み要素がなかなか豊富です。

ロール:デッドマン&バーサーカーをLv.MAXにして、フィデルに装備。
さらに、ノースソーマで貯めたミーティアライトを合成しまくって童子切安綱を量産して武器や防具に積み込みATK:9999を達成。
その状態でエクストラダンジョンをクリアしました。
ATK:9999だからワンパンでサクサク行けるでしょーと思ったのですが、なかなかかかりました。
特にボスとは20分くらい戦っていたような気が…。
これ以上強くなるには属性装備でないとダメみたいです。

実力不足がはっきりしたため、Lv上げも兼ねて先に収集要素を終わらせることに。
レシピ合成を埋めているのですが、素材集めが大変です。
ランダム要素を含むクリエイティブ合成でしか作成できないアイテムが素材として複数必要なのは、否定派が多そう。
特に、以下の素材の作成が面倒でした。
・上級羊皮紙:ルビーx4、熟成ポット
 ルビーはラドルから。熟成ポットはイースト・トレクールから入手。
 ここでたまに作成されるフェアリーリスト(MPが1%ずつ回復)は人数分あってもこまらない良い品です。
・レザードフラスコ:錬金水x2、ゴールドx2、ベルベットリボンx2
 ゴールドはEXダンジョンから。残りはラドルから入手。
・霜降りミート/天臨魚:グリルステーキx5/新鮮野菜x1
 グリルステーキは合成で要作成ですが、すべてチャールズディゴールGで購入可能。

その他、敵から直接入手する以下素材も足りませんでした。
・カーボンファイバー:
 ストーリー上でトイソルジャーで稼いでいなかったために素材不足に悩むことに。
 私と同じ境遇になった方は、東エイヒッド西部の遺却のカテドラルがオススメです。
 トイソルジャーが2戦目に3体出てくるので、落とさなかったらセーブ&ロードを。
・ゼフィランサス:
 インク作成用素材の、アタックボトル作成用素材の、聖水作成用素材です。
 ためにトレクール砂漠の西部に3匹湧くところがあります。オカリナを吹きまくりましょう。

結構かかりましたが、なんとか、残りはオリハルコンと翼系だけになりました。

DARK SOULS III(完)

ds3_3.jpg

コンプしました。
過去作と比べて、若干作業感があったような気がします。


●スキル系鬼門
・魔術の全て(全ての魔術を取得した)
・呪術の全て(全ての呪術を取得した)
・奇跡の全て(全ての奇跡を取得した)
・指輪の全て(全ての指輪を取得した)
収集系なので作業系に分類しようかと思いましたが、誓約交換アイテムのために対人戦を強いられることがあるためこちらにも記載。
詳細は作業系の項目にて…。

●作業系鬼門
・魔術の全て(全ての魔術を取得した)
ネックになるのが、魔術:「強い深みのソウル」。
誓約:「神喰らいの守り手」ランク1の報酬であるため、「人の澱み」10個と交換になります。
誓約を付けていると、神殿に勝手に召喚されます。
私は1周目クリア後、2周目開始前にLv110で誓約を付けていたのですが、結構マッチングされる感じでした。
このエリアは味方2体、敵2体のエリアなので、待っていたら助けが来る場合もあります。
銀騎士が味方なのも心強いですね。
ホストの人に若干の罪悪感を感じながらも、何とか集めきりました。


・呪術の全て(全ての呪術を取得した)
ネックになるのが、呪術:「ぬくもりの火」。
誓約:「積む者」ランク2の報酬であるため、「枷の椎骨」30個と交換になります。
誓約を付けた状態で赤サインを書き、召喚されると対人バトル開始です。勝てば「枷の椎骨」を入手できます。
私はエリア:「最初の火の炉」で戦いまくりました。
ここは対戦がにぎわっているためか、次々と召喚されます。
勝率は3割くらいかなあ。
明らかに強そうな人でも、奇襲をかけてザクザク切りまくっていたら意外と勝てちゃうことがありました。
他の赤サインとも敵対状態にあるのですが、なぜだかホストを狙った共闘感が生まれて面白かったです。

また、呪術:「岩吐き」は指輪:「ハベルの指輪」と同じはぐれデーモンのソウルでのソウル錬成品なので、収集物重視プレイでも気が付くと持っていなかったりします。
まあ、どのみち他の要因で3周することになるので、どこかで取ればいいのですが。


・奇跡の全て(全ての奇跡を取得した)
ネックになるのが、奇跡:「暗月の光の剣」。
誓約:「暗月の剣」ランク2の報酬であるため、「約定の証」30個と交換になります。
誓約を付けていると、青教の人が侵入された際の護衛として召喚されます。
召喚条件が複雑なため、頻度はそんなに高くありませんでした。
そのため、待っている間にもう一つの「約定の証」の入手方法である敵ドロップで狙う。を試していました。
場所はアノールロンドで、3体倒したら篝火まで戻る。の繰り返しです。
錆びついた硬貨をパッチから購入したり、金の指輪とつけたりして発見力を高めて挑みましょう。
あんまり呼ばれないので、あの恐ろしい銀騎士に華麗にパリィできるようにまで成長しました。
とは言え、入手の内訳は召喚20のドロップ10くらいと、結構渋かったです。

奇跡:「雷の大槍」も誓約:「太陽の戦士」ランク3の報酬であるため、「太陽のメダル」が30個と交換になりますが、こちらは太陽戦士と共闘してボスを倒すだけでいいので、楽な部類です。


・指輪の全て(全ての指輪を取得した)
本作最難関なトロフィーです。
周回によって追加される指輪があるため、本編をほぼ丸々3周する必要があります。
無名の王などの強ボスが3周目パワーアップしていると、なかなかに苦戦しました。
白サインが無ければ、突破は難しかったと思います。

ネックになるのが、指輪:「狼の指輪」。
誓約:「ファランの番人」ランク2の報酬であるため、「狼血の剣草」30個と交換になります。
誓約を付けていると、生贄の道に勝手に召喚されます。
召喚システムは誓約:「神喰らいの守り手」と全く同じものの、こちらはほぼ呼ばれません。
ですので、「約定の証」の時のように敵ドロップも並行して行うことに。
篝火:「城塞外縁」から逆走し、敵を3体倒しては戻る。を繰り返しました。
たまーに呼ばれることがあるのですが、そのときは数少ないチャンス!と猛ダッシュで敵に向かっていきました。
あれほど疎ましく思っていた攻略の邪魔をする侵入者…私がそれになってしまったのでした。
上手く作られているなーと思う反面、ちょっとショックでした。
結局、召喚5、ドロップ25くらいの内訳で終了しました。

もう一つのネックが、指輪:「幻肢の指輪」。
誓約:「ロザリアの指」ランク1の報酬であり、「青ざめた舌」10個と交換になります。
こちらは誓約を付けたうえで、闇霊で侵入してホストを撃退するだけです。
高難度エリアの場合はホストが勝手に自滅してくれることもあり、わたしは主にこれを狙っていました。


・ジェスチャーの全て(全てのジェスチャーを取得した)
幾つか取り逃しやすいものがあります。
青ざめた舌をロザリアに捧げている時にしか白サインが出ない、黄色指のヘイゼル(ジェスチャー:「丁寧な一礼」)など、特にわかりにくいかも。
白ヘイゼルの召喚前に、黒ヘイゼルを2体倒してしまって、やり直しか!?と思いましたが、白サインには影響ありませんでした。

●取得時のデータ
PSN上のプラチナ取得率は2.9%
最も取得率が低いのは「指輪の全て(全ての指輪を取得した)」の3.6%でした。

歯ごたえ有りまくりなものの、白サインのおかげでなんとかコンプできました。
気が早いですが、DLCが楽しみです。
ただ、3周目の難易度でDLCに挑むことになるので、ちょっと不安も。

スターオーシャン5(1)

so5_1.jpg

最初の記事ではありますが、クリアしました。
詳細は感想記事に書こうかと思いますが、なんかイマイチでしたよ。

ストーリーもイマイチですが、一番ダメなのは描写不足な気がします。
裏設定とか、あのキャラはこんな心境でこのセリフを~みたいなのがあるんだったら、出し惜しみせずに見せてほしかったなあと。
それくらい、キャラが心情描写や台詞無しに好き勝手に走っていくため、プレイヤーが置き去りになってしまいます。
リアクションがあるべきところでも会話が途切れることが良くあり、「え、無視…?」と戸惑いました。
以下、各キャラに対して不満に思っていることを織り交ぜて紹介です。
ネタバレあるので注意。

・フィデル
肝心なところで無口な子です。
父親の死からノー心境描写で立ち直ったり、告白シーンで「ここからは俺に言わせてくれ。」と言ったにもかかわらず何も言わなかったりします。
おとなしいキャラかと思いきや、目上の人に対して俺たちは仲間だ!だから呼び捨てにするぜ!という生意気な場面も。
こういうのは呼び捨てにされる側から打診されるのを待たないと失礼ですよ…。

・ミキ
ひとむかし前の幼馴染キャラです。
対等だよねと言いつつガッツリ依存してくるので、苦手な人はいそう。

・ヴィクトル
Mr.同道。
フィデルの父への恩返しのために軍を除隊してまでパーティに加わってくれる滅私奉公ぶり。
が、除隊届を出した。という衝撃の告白はパーティメンバに無視される。
リリアからもおじさんと呼ばれており、唯一名前で呼んでもらえていない不遇の男。

・フィオーレ
ジョジョのような露出の多い衣装が話題に。
ただ、腐女子設定はいらなかったような。
片思いの先輩も存在だけちらちらし続けましたがついに登場せず。
それなら無理に出さない方が良かったのでは…。

・エマーソン
一番不満のキャラです。
かっこいい大人のポジションのはずが、描写が足りなくてただの行き当たりばったりな人になっているなあ。というのが最初の印象ですが、段々とコイツただのダメなやつなんじゃないかと思うような挙動が…。
うっかり口を滑らすシーンも言い訳が最悪ですし、提案する作戦は力技ばっかりですし、抜けてるところが多すぎるし、と色々クズっぷりが目につきます。

・アンヌ
おそらくパーティで一番まともな人。
ただし、ネコ…の一言で終わるPAを何度も発生させた罪は重いです。
突発の護衛任務も多いですね。こういうのは1回でいいです。

・リリア
リュックがあざといです。


上記のような感じで裏で色々製作者が考えていることが全く伝わってこないため、中学生が適当に考えたような行き当たりばったりな薄っぺらいキャラ達による薄っぺらいストーリーに見えてしまっているのが非常に残念です。
スターオーシャンシリーズは他に2しかやったことが無いですが、もうちょっと上手く料理できただろうに…と惜しく思いました。

あと、名前なのですが、ひとつのパーティに2フィーは多すぎますw
so_2.jpg

ロマンシング サガ2(2)

斬新なシステムに振り回されております。

穏やかな心を持ちながら、激しい怒りによって目覚めた第二王子のジェラール。
王の力を得てここから覇道を突き進みます!

…かと思いきや、あっさり彼の時代は終焉を迎えました。
しかも、七英雄を倒した!とかではなく、どこぞの運河を制圧した段階で。
あんなに燃える設定をいろいろ持っていながら、こうもあっさり世代交代してしまいびっくりです。
しかも次の世代交代先は182年後。
七英雄が妖魔と化すに至った1000年がなんてことなく思える進行速度の速さです。
あまりに早すぎて、文明が進み過ぎ、近代化し過ぎないか不安になるほどです。
(経済制裁で)七英雄を(国際社会での抹殺的な意味で)倒すんだ!とかになったらどうしよう。笑。

さて、その世代交代ですが更に衝撃の展開が。
なんと、宿命を背負っていた王家の血筋が途絶えています。
次の王候補は主人公の側近だった部下4人の子孫のようです。
私は結構感情移入しながら進めていくので、展開の速さにおいてけぼりになりそうでした。
結局、長髪のジェイムスの血を引くっぽい人を王に指名しました。
女帝シーデーの時代の幕開けです。

王に選ばれなかった側近たちを配下に加え、パーティを作っていると、またもや衝撃の展開が。
…先祖より弱くなっています。
スパルタの戦士をイメージして作成した盾役は槍スキルを忘れ、
魔法で殴るがコンセプトだった魔術師は体術が衰え、
剣聖の称号を脳内設定で与えていた剣士は小剣技を使えなくなっていました。
どうやら得意な分野以外は伝承されないシステムのようです。
今後の世代交代のことも考え、これからは元々の得意分野のみを特化させる戦法で行こうと思います。

女帝シーデーは、ほめて伸ばすタイプです。

Life Is Strange(感想)

lis3.jpg


今まで楽しんだゲームの傾向から、
ストーリー5割、キャラ2割、ゲームシステム2割、グッとくる度1割で振り返ります。
ネタバレ有なのでご注意ください。

●ストーリー 43/50
序盤は普通かなーとナメていたのですが、後半はどんでん返しも多く非常に楽しめました。
特に3章と4章の引きは、海外ドラマのようで続きが非常に気になりました。
とはいえ4章の引きはちょっと読めた部分もあったのですが…。

そんな激動のストーリーの中、マックスは色々な選択をして切り抜けていきます。
選択と責任に重きを置いたというスタッフコメンタリーのとおり、非常に悩ましい展開の連続になっています。
時間を巻き戻せるからこそ、選択肢の重みが増す。というのはなかなか斬新に感じました。

その選択の中でも、もっとも悩ましいものは最後の選択肢でしょう。
私が選んだのはクロエを助ける。でした。
あんなに不幸な目にあい続けてきたクロエが報われない終わり方というのが納得できず…。
でもEDの尺からは、クロエを犠牲にするのが本筋っぽいですね。
こちらが本筋だとすると、ちょっとニノ国と同じような印象を受けました。
結果は変わらないんだけど、これは主人公が現実を受け入れて前に進むために必要な魔法の時間だったんだ。的なところが。

ちなみにこれらの選択肢はワールドワイドな平均値とフレンドの平均値が後で確認できるのですが、
世界的にもクロエ犠牲ルートの方が人気でした。
そんな中で、私のフレンドはクロエ助ける率が100%でした。
偏った愛に生きてるみんな、最高だぜ!


●キャラ 16/20
主人公のマックスがお気に入り。
脳内で喋るだけのシーンが大量にあるのですが、そこが個性的で楽しかく、ついつい色々な箇所を寄り道で調べたくなりました。
USB見つけたときのリアクションが特に好きです。

また嫌いなキャラですがデイビッドが非常に印象に残っています。
このキャラだけ、グラがPS2時代のようなローポリゴンっぽく見えてしまい、違和感がすごかったです。


●ゲームシステム 15/20
必要最小限でいい感じだったと思います。
あらすじ。みたいな感じで過去ストーリーをテキストで見れるようなシステムはいくつか存在しますが、
見てて楽しかったのはコミカルな日記形式になっていた本作が初めてかも。

また、途中逆回転になるステージがあるのですが、
通常は「写真を撮る→トロフィー獲得」となるところが、「トロフィー獲得→写真を撮る」となっており、
システムまで巻き込んだ逆回転になっている点も面白かったです。
最初はバグった!?と思ったくらい。

また5章のステージ構成は賛否両論あるかなーと思いました。
主人公の精神世界みたいなのってダイイングライトとかでもあった気がします。
海外ではこういう演出方法が流行ってるんですかね?

●グッとくる度 8/10
今までにないほどの選択への責任感。
二転三転するストーリー。
マックスがつぶやきかわいい。
などなど、終始没頭して楽しむことが出来ました。

ただ、友人の評判はあんまりだったので、人を選ぶのかもしれません。


●まとめると
合計82/100点。
こういう大作ゲーじゃない低予算ゲーでも、このように心動かす作品が出てきたのは素晴らしいことだと思います。
大作の続編!ってなると保守的になってしまうケースが多いので、こういったゲームはもっと増えてほしいところです。

このゲームと同時期に、ストーリーが素晴らしい!と話題になったHer Storyというゲームがあるのですが、こちらも今非常に気になっています。
どこかがローカライズしてくれないかなあ。

Life Is Strange(完)

lis2.jpg


コンプしました。
分岐の多いストーリーですが、トロフィーは全部ストーリーと関係ない収集系です。
こんなにザックリで、かつ統一感のあるトロフィーリストは、サブクエリストと化していたRed seeds Profile以来です。

●スキル系鬼門
なし。
3章のウォーレン実験トロフィーがちょっと見落としやすいくらいです。
クリア後にやり直しやすいのも親切。
この親切心のおかげで、あとで取ればいいや。とストーリーに没頭できました。

●作業系鬼門
なし。
作業感は全く感じませんでした。
ストーリーの途中にクイズが挟まれているような感覚で進められました。

●取得時のデータ
PSN上のプラチナ取得率は13.3%
最も取得率が低いのは「自撮りへの目覚め(「エピソード5:偏光」でオプションの写真をすべて撮る)」の13.5%でした。

あまりにも簡単だったため張り合いはありませんでしたが、そのおかげでストーリーには集中できました。
ストーリー重視ゲーはこのくらいの難易度でも正解なのかなあ。
SSは本作のプラチナアイコンです。
プラチナ以外も、本作のアイコンってすべて白一色なんですよね。
背景色が白じゃないブログテンプレートでよかったです。

ファンタシースターオンライン2 DLC3(完)

DLC3 EPISODE4 コンプしました。
Vitaではあまり手が進まなかったのですが、PS4でも出来るようになったとのことなので、そちらでプレイ。
今までのマターボードが廃止され、だいぶインタフェースの感触が変わりました。
ストーリもひと段落したのかな?今までのダークファルスはどこへやら、メタメタしい新ストーリーになっています。

●スキル系鬼門
なし。
EP2での高難易度がバッシングされたのかは知りませんが、EP4は緩めの難易度となっています。

●作業系鬼門
・「自在なる導き手」への転身(メインクラスをLv30以上のサモナーにクラス変更した。戦地でも愛する子達と共にいられるサモナーは、最高にエレガントだよ!)
いつもの新ジョブLv30トロフィー。
なのですが、今回は採集の実装によって作業量が大幅に削減されています。
1日に実施できる数には上限があるものの、釣りをしてるだけでみるみるLvが上がっていって困惑しました。

●取得時のデータ
PSN上で最も取得率が低いのは「「自在なる導き手」への転身(メインクラスをLv30以上のサモナーにクラス変更した。戦地でも愛する子達と共にいられるサモナーは、最高にエレガントだよ!)」の2.8%でした。
まだまだストーリーは残っているものの、PSO2は再び100%に戻ったのでここでまたストップかなー。
そんなに先が気になる内容でもなかったですし。
新ジョブのサモナーはなかなか好きな路線だったので、気が向いたらチマチマ触ってみようかなと思います。

2016/5の気になるゲーム

ゴールデンウィーク楽しかったー!
でも来週から現実と戦わなくてはなりませんね…。
そんな陰鬱な気持ちを払拭してくれるかもしれない、今月発売の気になるゲームたちです。

●アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝
言わずと知れた、プレイステーションを代表する独占タイトルの5作目です。Vitaを除くと4作目。
B級映画な感じのストーリーとコミカルな吹き替え、そして非常に美しいグラフィックが魅力です。
いつも非常に楽しませてもらっているので、本作ももちろん購入予定。
これで高難易度トロさえなけりゃなあ…。
PS4で5/10に発売

●バトルボーン
ボーダーランズでお馴染みの2KgamesによるFPSです。
体験版をやってみたのですが、思ったよりもまんまボダランでした。
毎回Lv1からスタートし、2択のスキルをリアルタイムで選びながら敵と戦うのは今までになかった感じ。
共闘はそこそこ楽しかったです。
ただ、ミッション数に限りがあるため、すぐに飽きそうだなーとも思っています。
対人はやらなかったけど、キャラが多くて調整が大変そう。
PS4で5/19に発売

●オーバーウォッチ
ディズニーを彷彿とさせるデザインのFPSです。
こっちは対人メイン。
体験版をやってみましたが、各キャラ個性的で結構楽しかったです。
ただ、対人メインなのでやはり飽きが速そうなのが懸念。
前々からバトルボーンと内容がそっくりだなと思っていたのですが、発売日もろかぶりなんですね。
これはちょっともったいないかも。
PS4で5/24に発売

●GUILTY GEAR Xrd -REVERATOR-
歴史の長い格ゲーの最新作です。
Xrdになって、GG2とストーリーが合流しましたが、気になる「あの御方」はまだ出てきません。
今回の新キャラはあの御方の側近。
INOが右腕なら今回の新キャラは左腕って感じなんですね。
毎回ストーリーを追うためだけに購入して、ロクに遊ばずに放置していましたが、流石にもったいない気がしてきました。
前回みたいな個別ストーリーモードがあるなら購入しようかな。
PS4で5/26に発売


その他の話題作は、ドラクエ無双2、シレンっぽいシステムのクラシックダンジョン戦国など。
GWは流通業界に気遣ったのか、あんまり新作ないですね。
積みゲーをどんどん崩していこうと思います。
プロフィール

グラットニィ

Author:グラットニィ
今日も踊っています

最近のBGM:ジャシー『男前』

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR