ロマンシング サガ2(6)

roma2_6.jpg

斧が超強いです。

前回触れた新天地クエは、まさかの知ってるエリアへの別ルートでした。
手詰まりか…と思っていましたが、新皇帝マゼランがどんどんと頭角を現していきます。

必ず先制攻撃になる陣形、ラピッドストリーム。
敵を一撃死させる全体攻撃、次元斬。
単体への圧倒的火力を誇る、高速ナブラ。
と死角がありません。

圧倒的強さで七英雄の五反田駅ことダンダークを撃破し、世代交代となりました。
第7代皇帝は、インペリアルガードのルナ。
どうやら槍が得意みたいです。
これで、武器は一通り使ったので、次からは強武器で周りを固めていこうと思います。

PlayStation VR(体験会)

psvr_1.jpg


ソニーストアで開催されている、PSVRの体験会に行ってきました。

遊んだのはPlayroomVR。
PS4でも遊べるあのキャラ達が登場するVR版です。

私がVR体験前に不安に思っていたことは主に2つ。
1つ目は、3D感。
昔3Dテレビが流行ったとき体験してみて思ったのが、紙芝居っぽいなーということ。
立体ではあるんですけど、よく見ると飛び出す絵本のように何層かにレイヤが分かれているように見えるんですよね。
技術的限界なのかもしれませんが、当時ものすごく興ざめした覚えがあります。
2つ目は、視野の隅っこ。
よくあるヘッドマウントディスプレイは、目の前に巨大スクリーンがあるようには見えるのですが、四角いテレビが目の前にある感覚なんですよね。
その四角の角のところ。黒いバックグラウンドも画面と合せて目に入ってくるので、画面への集中が削がれるというデメリットがありました。

そんな不安をもってどんなものかなーと臨んだ体験会ですが、どちらもいい感じに改善されていましたよ。
まず1つ目の不安の、3D感。
これは全然レイヤ感がありませんでした。
机の上でボット君たちが動いていたのですが、思わず手を出して掴みたくなるくらいでした。
つまり私の頭が、これは現実なのかも!?を錯覚を起こしていたということです。
この錯覚は、今までにない感覚でしたので、これはうれしい誤算でした。
次に2つ目の不安の、末端の視野。
これも、ここが端っこだな。という感じは全くありませんでした。
一番近い感覚は、海水浴で使うゴーグル。(プールで使うようなものではなく、スノボみたいにレンズが1つのアレです。)
視野角は若干さえぎられているかな?と感じるものの、その先の世界の広がりは、しっかりと感じられました。
後ろを振り返ると大きいボット君たちがしっかり存在しており、360度ディスプレイと言っていい出来でした。
これはホラーゲームと相性ばっちりだと思います。

ゲームの方は、VRを付けた状態で頭突きで街を壊す。くらいしかできず、コントローラは握れませんでした。
実際にコントローラを持ってみたときの、ミスマッチ感も味わっておきたかったなあ。
そんな感じで、10分弱で終了。
正直表層しか触れていないと思うので、もうちょっと色々遊びたかったです。

そんな感じで、思いのほか好印象に終わりましたが、やっぱりコンテンツ次第だよなあ。とも感じています。
体験会で購入権をもらえたのですが、即決かというと悩ましい…。
ソフトリストを見て、悩んで来ようと思います。

ロマンシング サガ2(5)

roma2_4.jpg

七英雄ボクオーンを撃破しました。
第4代皇帝:ダイナマイトは身ぐるみはがされて忍び込むルートで失敗したため、軍師の策で寝首を掻くことに。
その結果、前回の苦労が嘘のようにあっさり勝利。
武器の力は偉大です。

そしてそのまま年代ジャンプ発生。
残念ながら、当初狙っていた炎魔法のLvアップはあんまり進みませんでした。
今度の第6代皇帝は、海賊のマゼラン。
この荒波に挑む者はいないか!?みたいなクエストがフォーファーで発生していたための選抜です。

第5代皇帝:トパーズの時は色々巡ったものの、どこも最後のボスが強くてあまり世界が広がりませんでした。
世代交代でもこの戦力差は埋まらないと感じたため、この航海で一旦新天地へと逃げ込む予定です。
ちなみに、トパーズ王権の側近は以下の通り。
今までに使用していなかった小剣をPTに組み込んでみたのですが、あんまり強くありませんでした。
ロマサガ3では強かった気がしたんだけどなあ。

roma2_5.jpg

FINAL FANTASY XV (劇場版)

ff15_0.jpg


ゲーム発売に先駆けて公開されたFF15の映画版、KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XVを観てきました。
ゲーム本編の前日譚なのですね。
主人公ノクティスの父、レギス王率いるルシス国と敵国ニブルヘイムとの戦いが描かれています。

感想は、王様つえー!に尽きます。
FF15であの感じがどう表現されるのか非常に楽しみです。
巷ではホスト一行がスポーツカーでキャンプwみたいに言われたりもする本作ですが、いやいやどうして、この映画を見た後だとノクティスの背負うものの大きさとシリアスさに期待が高まりそんな揶揄気にならなくなりますね。
映画自体のストーリーも重い話がメインながら、結構楽しめました。
後半のバトルはもうちょっと短い方が好みですが。

また、映像美も素晴らしかったです。
アンチャの時にも感じましたが、もはやCGという感じは全然しないですね。
普通に人間が演じていると錯覚しながら観ていました。

FF作品でお馴染みのキャラが出たりなど、ファンサービスも豊富でした。
FF15を購入予定の方は、本編攻略時の思い入れに差が出ると思うので、ぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか。
ちなみに、見に行く前に体験版(カーバンクルが出てくる方)をやっていると、より楽しめると思います。

そういえば、テイルズヴェスペリアも前日譚が映画になっていたけど、あれも面白かったです。
ゼスティリアは映画キャラがあんまり本編に絡んでこなくて、すごく面白かっただけに余計に残念だったのですが、FF15はどこまで絡んでくるのかな。

アンチャーテッド4(完)

un4_p.jpg

さくっとコンプしました。
公式チート機能により、恒例の難易度プロも結構簡単にクリアできました。
最後に取得したのは「ぴっかぴかの新人(マルチプレイで5回マッチをプレイする)」でした。

●スキル系鬼門
・タイムアタックでクリア!(6時間以内にゲームをクリアする)
巷では、結構余裕があると書かれているのですが、私は5時間50分とギリギリでした。
その一因は、エフェクト。
3周目だし変化を付けようかなーとアニメ調のエフェクトを選択して遊んでいたのですが、これだとロード時間が延びてしまうようですね。
エフェクトを切り、デフォルト設定にしたら見違えるほどロードが速くなりました。

・ドジっ子(10人の敵にグレネードを落とさせる)
過去作と比べてシビアになっているような気がします。
「戦闘を選ぶ」でチャプター17のエレベーターを選択。
目の前の崖、スナイパーの後に出てくる白シャツがたまに投げてくるので、それを狙いましょう。
公式チートのバレットスピードをONを強く推奨します。

・爆発マスター(1回の爆発で同時に4人の敵を倒す(すべての爆発系アイテムや武器で可能))
チャプター選択からチャプター10を選択。
そのまま跳ね橋まで進み、増援に公式チートで手に入れたRPGをぶち込みましょう。
ただし、やり直しは増援到着後からなので、その場合は跳ね橋を下す前のセーブからやり直しを。
注意するのは、本作のセーブデータの形態。
最新セーブはオートセーブの対象になってしまい、勝手に上書きされてしまうため、途中からやり直したければセーブを2つ用意しましょう。
先にセーブしたデータを選べば、上書きされることなく再開されます。
再開時にそのまま進めてしまうと、そのセーブデータが上書き対象になるため、ロード後にはまた別にセーブデータを作っておくことを忘れずに。

・マルチな才能(ステルス攻撃、格闘、ヘッドショット、爆発の順番で15秒以内に敵を倒す)
こちらの動画を頼りにGet。
注意すべきは3つ目がただの銃撃ではなく「ヘッドショット」じゃないとダメなこと。
バレットスピードを使って、確実に狙いましょう。

・最高スコア!(レトロゲームで最高スコアを更新する)
エレナが過去取得した、クラッシュバンディクーの最高得点を超えるのが目標です。
ゲーム中に2回遊べるチャンスがあるのですが、2回目じゃないと1upが出現しないため、2回目で狙いましょう。
公式チート機能のスローモーションを使用すれば、多少難易度は軽減されます。
が、スローにしても結構難しいです。


●作業系鬼門
・トレジャーマスター(宝物をすべて見つける)
・メモ魔(すべての情報を手帳に書きこむ)
・埋もれた歴史(すべてのメモを見つける)
・おしゃべり好き(表示されるすべての会話に参加する)
結構増えた収集要素。
こちらの動画に集約されています。
私は2周目の難易度:プロ攻略中に集めました。


●取得時のデータ
PSN上のプラチナ取得率は1.2%
最も取得率が低いのは「平和的解決(島に漂着してから宝物庫にたどり着くまで敵を殺さない)」の1.9%でした。
初回、プロクリア、タイムアタックと3周必要だったものの、過去作よりは楽だったかなと思います。

個別トロフィーでは、「ステージ恐怖症(マダガスカルの街の塔を出たあと、30秒間微動だにせず立ちつくす(2015年6月のステージデモでの失敗))」というのが面白かったです。
E3でのステージデモ中に動かなくなってしまったハプニングが元ネタ。
こういうユーモアセンスはいいですね。

アンチャーテッド4(2)

un4_2.jpg

アンチャーテッド4をクリアしました。

あの高クオリティゲームの完結作として、みんなの期待も高まっていたと思いますが、見事応えてくれたと思います。
ただ、よりリアルになり映画っぽさが増した一方、昔あったようなB級っぽさは影をひそめてしまっています。
亜人とかとんでもストーリーだったころが少し懐かしいかも。
そう考えると、期待値が高まり、突飛な新要素を入れられなくなった本作は、やはり潮時なのかなあと思います。
ストーリーも最終作にふさわしく、主人公:ネイトの「終わり」がしっかり描かれています。

SSはゲーム中に出てきた日本要素です。
流石にアンチャーテッドは時代考証がしっかりしていますね。
…え?この程度でそんなことを言うなんてレベルが低い?
そう思う方には類似作のトゥームレイダーをオススメしますよ。
「あれはヒミコのサムライ!」というステキなフレーズが飛び交っていますのでw

そういえば、PS4のトゥームレイダー新作、続報がぱったりと無いですね。
確か秋発売だったと思うんですけど。
日本人にはアレなストーリーでしたが、ゲームとしては面白かったので楽しみにしています。

2016/7の気になるゲーム

今年も折り返しですねー。
毎年、もうX月なの!?って言ってる気がします。
積みゲーを効率よく崩していきたいところですが、今年は大作RPGラッシュがありますから、予定通りにはいかなさそう。
そんなラッシュ前にすべりこんできた、今月発売の気になるゲームたちです。

真 流行り神 2
ホラーかオカルトか。という分岐が売りの、ADVです。
Vitaの特殊報道部っぽいですが、こちらのほうが先駆者のようですね。
真・流行り神1はグロ要素が強すぎて面白くないとのことでしたが、本作は
「その評判を聞いて反省した。初代シリーズ(真じゃないほうの流行り神)のようにストーリーに力を入れたい」
みたいなことを言っていたそうなので、少し期待しています。
これのキャンペーンで初代・流行り神1を99%OFFセールで購入したのですが、積みタワーから崩せておりません。
先にこっちをプレイしてもいいかもなあ。
PS4とVitaで7/7に発売

submerged
水没した世界の謎を解く、インディーズACTです。
BioShockのスタッフが関わっているそうなので、楽しみ。
PS4で7/12に配信

UPPERS
力で頂上(テッペン)まで駆け上がれ!ついでにモテモテになれ!
という直球なコンセプトは好きなのですが、やはり気になるのがストーリー。
漢たちの信念ぶつかり合いを、どこまで熱く表現できるかが気になります。
なので、とりあえず評判待ちの予定です。
Vitaで7/14に発売

クロバラノワルキューレ
味方の中に裏切者がいる系のRPG。
誰が裏切者かはランダムで決まるようです。
コンセプトは好きなのですが、裏切者をランダムにするとそれだけ分岐を用意し無くてはならないため、各ストーリーが薄っぺらくなってしまわないかが不安。
似たようなことを誰かがやっていた気がするのですが、こちらの評判はイマイチでしたし、難しい問題なのかなーと思います。
PS4で7/21に発売

イースⅧ Lacrimosa of DANA
毎回高品質なRPGを生み出すファルコムさんの、人気ARPGです。
前作も非常に楽しめましたので購入予定。
…なのですが、このゲームPS4版は2017年に予定されているんですよね。
据え置き好きなので、どうせならそっちが欲しいなーと思っています。
ただこの会社の3Dモデルって、大画面でも耐えうるのかがちょっと心配です。
オメガフォースさんみたいな3Dモデル得意そうなところと組めば、列強RPGたちに肩を並べる存在へと一気に化けると思うのですが…。
Vitaで7/21に発売

世界一長い5分間
ラスボスに挑んでいる最中、主人公が突如記憶喪失になったRPGです。
戦闘時間は5分なのですが、その間に忘れてしまった主人公の必殺技などを思い出さねばなりません。
発想が面白いのでストーリーの評判次第で購入予定。
思い出しパートのRPG成分も、Lv上げがあまり要らない、簡単な物だったらいいなあ。
Vitaで7/28に発売


その他の話題作は、オープンワールドになった討鬼伝2、紆余曲折あって結局PS4に戻ってきたアイマスなど。
討鬼伝2は面白そうなのですが、周りにやる予定の人がいないので様子見。
ソロで共闘ゲーをやると辛いのはソルサクで学習済みですよ・゚・(つД`)・゚・

そういえば、こないだトロフィーリストを見ていたら、あのヤギゲーことGoat Simulatorの%が下がっていました。
調べてみると、海外版では6/6に2つのDLC、「GoatZ」と「GoatMMO」がPS4でリリースされているとのこと。
日本語版はどうかなと思って立ち上げてみたのですが、ストアにつながらないのでまだっぽいですね。
早く来ないかな。
プロフィール

グラットニィ

Author:グラットニィ
今日も踊っています
リンクフリー&相互大歓迎です

最近のBGM:Rides In ReVellion『BLAZING HEART』

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR