さあ、お前の積みを数えろ

tumi.jpg

2016年の遊んだ作品は書いたので、2016年に遊べなかった、積んでしまった作品も振り返っておこうと思います。
ちょくちょく触ってるんですけどねーガッツリ遊びたいです。

・INSIDE
 不気味な横ACTです。
 インディーゲーなのですぐ終わりそう。
 ひそかに、ストーリに期待してます。

・バウンド -王国の欠片-
 妊婦さんの妄想ストーリーです。
 VRでちょっとやってみたら操作性が非常に悪かったので普通にプレイ予定。

・The Walking Dead
 1 + 2パックを購入したのですが、どちらも未着手。
 評判がいいので楽しみな作品。

・Rise of the Tomb Raider
 再始動したとトゥームレイダー第2弾です。
 アンチャやこれのような壁登りゲーはたまに無性にやりたくなる時があります。
 オントロ多そうなのが懸念。過疎前にやらねば…。

・VR Worlds
 実はあんまりVR使ってないんですよね…。
 5本ソフトが入っているのですが、その中のスパイものっぽいソフトが面白そうなので、せめてそれだけはやりたいなと思っています。

・DARK SOULS 3 DLC1 ASHES OF ARIANDEL
 DLC第1弾です。
 プラチナ取得に使った、3周目のデータしか残っていないため、なかなか困難な道中になりそう。
 まず操作を思い出さないとなあ…。
 
・Salt and Sanctuary
 ダクソにインスパイアされている、2DのACTです。
 ちょっとやったけど、積んでしまっています。
 せめてオンラインマルチがあれば…。

・Skyrim 
 ベゼスタは合わないとか言いつつも、懲りずに手を出しちゃいました。
 PS4でも美形modに対応してほしいなあ。
 現状のmodはゲーム内で使用できる素材のみ許可。という縛りがあるため、基本的にブサキャラばっかりなんですよね。

・Teraway
 癒し枠です。
 Walking Deadで絶対凹む!と思ってセット購入。
 …するも、Walking Deadの方に手を付けられておらず。

・バイオショック コレクション
 衝動買いです。
 1と3はやりたいなあ。

・ペルソナ5
 今年最大の心残りです。
 ネタバレされないうちに、駆け抜けてしまいたいところ。

・人喰いの大鷲トリコ
 P5に次ぐ心残りです。
 こちらも高評価は耳に入ってきているので、非常に楽しみ。

・The Witcher 3 DLC2 血塗られた美酒
 心残り第3位です。
 このDLCだけの力で、今年のGOTYにまたノミネートされるとは、凄い力の入ったDLCですね。
 あの世界に再び訪れることができるのは非常に嬉しいです。

・ロマサガ2
 もうちょっとでクリアできそうなんだけどなあ。
 なんか勝てる雑魚と勝てない雑魚がハッキリしてきたため、勝てる雑魚を引くまでセーブ&ロードゲーになってしまい敬遠がちに。

・デジモンストーリー サイバースルゥース
 評判を聞いて購入。
 これ買ったときには時間あったんですよ…本当ですよ…。

・DEEMO
 貯めなきゃいけないポイントが多すぎて、段々と手つかずに…。
 ストーリーの評判はいいので、いずれやりたいとは思っています。


うーん、実際書いてみると、ちょっと引くくらいありますね。
特に今年はRPG大作ラッシュの影響で、みなさん積み残し多いんじゃないでしょうか。
来年はちょっと新作購入を抑えつつ、確実に消化していきたいなーと思います。
欲望多い身ですが、実際結構簡単に抑えられるんじゃないかなとも思っていますよ。
台風一過ではないですが、来年のタイトルで気になるものってそんなに無いんですよね。
…とは言いつつ、またイベントで大量発表されるのかもしれませんが。嬉しい悲鳴というやつですね。笑。

ちなみに、タイトルの元ネタは仮面ライダーWの主人公の決め台詞です。
今の仮面ライダーは見ていませんが、Wは面白くて途中から録画参戦していました。
今や超売れっ子の菅田将暉くんの若々しい演技が見れるので、未試聴の方はオススメですよ。

私的、KOTY2016

2016年の良かった作品は書いたので、2016年に出会った期待外れの作品も書いておこうと思います。
KOTYのKはkusogeのKではなく、Kitai-HazureのKです。
ちなみに、ネタバレ満載なので注意です。

●スターオーシャン5 -Integrity and Faithlessness-
so5_x.jpg

今年のなんでこんなことに…第1位。ぶっちぎりです。
不満記事はこちら
足りてない描写と残念な大人たち…こんなゲームはなかなかありません。悪い意味で。
イマイチな戦闘システム、希薄なイベント、残念な敵キャラ…どうしてこうなったのオンパレードです。
2は面白かったのになあ。
スマホゲーになっているそうですが、やはり惹かれませんよ。
恨みが大きすぎて、まだ冷めやらぬ。


●Fallout 4
fo4_x.jpg

これは期待が大きすぎました。
世界観はばっちり、自由度もありあり。私の不満はストーリーの薄さです。
ですが、そういう人はそもそもこのゲームを選ばない気もしますね。
どこまでも自由に。それがベゼスタゲーな気もします。
とはいえ3はサイドクエも練られてたとかいう声が多いのでやっぱり気になるんですよねー。

ウィッチャー、フォールアウト、FF15とプレイしてきて、オープンワールドに思うこと。
それは、サイドクエの質がゲームの肝なんじゃないかということです。
メインが練られているのは当たり前ですが、サイドクエストにどれだけ人間味が感じられるのかで、オープンワールドは決まってくるんじゃないかなーと思い始めています。
上記観点だと私が心底楽しめたのはウィッチャー3で、イマイチサブクエをやる気すら起きなかったのがFF15なんですよね。
FO4はその中間くらいです。
はたして、Skyrimはどのあたりなんでしょうか…。


●HELLDIVERS
hell_dx.jpg

フリプでプレイしましたが…なんか面白くないような。
フレンドと遊んでも楽しくないのはよっぽど何かが足らないような気がしますね。
困ったのはこれで見下ろし方が一気に苦手になってしまったこと。
XCOMとか面白そうなんだけどなあ…全く手が出ません。


かなり独善的に振り返ってみると、上記のような感じでした、
異論はたくさんあるはずですし、FO4は多数のDLCをまだ触れてもいないので、見直す機会があるかもしれません。
個人差って面白いなーくらいに受け取っていただければ幸いです。



ちなみに、本家のものはこちら
候補が2作とはびっくりです。注目されすぎて、エントリのハードルが上がりまくっている気もしますね。

私的、GOTY2016

龍が如く6をプレイ中なのですが、今年中のクリアはちょっと難しそうかなー。
おそらく今年はもうクリアまで到達できるゲームは無さそうなので、今年遊んだゲームをpickupして振り返りたいと思います。


●第3位 アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝
unch4_x.jpg

アンチャ完結作です。
私はグラよりストーリー派なのですが、それでもこのグラには驚きました。
不気味の谷を越えて完全に実写の世界ですね。
いずれはこのクオリティをVRで体験できるようになるのかと思うとワクワクしますね。
ハプティクス技術も導入したらもう仮想世界から帰ってこれないような気がします。

ストーリーもトンデモ感は無くなってアンチャっぽく無いものの、エピローグがいい後味だったので好き。
新キャラのサムも、とても気に入りました。
なんでだろう…やはりディラン・マッケイに似てるからかな。笑。


●第2位 Life Is Strange
life_is_x.jpg

ストーリーにのめり込みました。
特に3章と4章が素晴らしかったですね。
海外ドラマみたいな引きに、非常に驚かされました。
ネタバレを見ずに楽しんでほしい作品ですし、ぜひプレイ動画でなくゲームで楽しんでほしい作品です。
この選択肢を選ぶ時の重圧は、他作品ではなかなか味わえないですよ。


●第1位 オーディンスフィア レイヴスラシル
odins_x.jpg

リメイク作品ですがカウントしました。
私のゲーム人生で3本の指に入る作品でしたが、リメイクでより神ゲーに。
意外性があって、ハッピーエンドで、読後感も素晴らしい。
こんなストーリーはなかなかありません。
もっと多くの人に知ってほしい作品でしたが、リメイクでそれが叶いました。


…こうして振り返ってみると、昨年に続き下半期はイマイチでしたね。
とはいえ、これは私が忙しくて下半期ゲーム積みまくっていたせいもあります。
来年はもっとゲームが出来るといいなあ。



ちなみに本家はこちら
ストーリーCoopじゃないFPSはあまり好きじゃないので、オーバーウォッチは「ほう、どんなものかね?」プレイはしない予定です。

FINAL FANTASY XV(感想)

ff15_9.jpg

今まで楽しんだゲームの傾向から、
ストーリー5割、キャラ2割、ゲームシステム2割、グッとくる度1割で振り返ります。
ネタバレ有なのでご注意ください。

●ストーリー 35/50
映画KINGSGLAVE路線で進めてくれたらよかったのになーという印象です。
指輪の強さと王の責務。みたいなものがちょっと弱かったかなと。
絶大な力を手に入れるために王の資質みたいなものを歴代の王に試されていく、そんな主人公の王に至る道を描いた方が良かったような気がします。
アルスラーン戦記で描かれているような王っぽさを期待していたので、ちょっとおや?という感じでした。
代わりに仲間感は非常にでていましたね。
一人になったときの寂しさは、ほかのゲームでは味わったことがないくらいの心細さでした。

そういえば、その心細い13章ですが描写不足のためUpdateが予定されていますね。
私が気になった、以下を補足してくれる内容だといいなー。
・指輪の試練が皆無。
 映画は何だったのかと…王様とは言えみんな孫に甘いおじいちゃんなのですかね。
・ニフルハイム急に滅びすぎ
 道中落ちてる日記だけで概要把握しろというのは取捨選択が潔すぎでは…。
・プロンプトの出生問題
 苦難が見えないため、ただの出身地紹介になっているような…いっそスパイの方が分かりやすいくらい。

エンディングについては、また自己犠牲系ですか…という感想。
ノムティスさん自己犠牲系好きすぎです。
特に今回は死ぬ意味の後付け感が凄くて、別に自己犠牲系にしなくても良かったのでは…ちょっと不満です。
とはいえ、最後タイトルに続く演出や、写真の演出は大好きなので、後味的にはそこそこ満足。


●キャラ 10/20
お気に入りキャラはイグニスとアラネス。
イグニスはモルボル戦後のイベントが良かったです。
アラネスもアネゴ的な感じが好き。
FF7ACでも感じましたが、竜騎士って3Dにすると技が非常にかっこいいですね。

反対にあんまり好きじゃないのがノクト王子とグラディオ。
ノクト王子は無気力系主人公なのがなんだかなーという感じ。
もうちょっと、王っぽくあろうといて欲しかったです。
グラディオはちょっとノクトへの当たりが強すぎ。
イライラしてんじゃねぇ!ってお前には言われたくないよ!と思いました。


●ゲームシステム 15/20
私はバグに遭遇しなかったので好印象です。
特に戦闘は非常に楽しめました。
・キャンプにはイベントが豊富にもかかわらず、ホテル宿泊してしまいがちな夜システムと経験値優遇。
・インフレし過ぎて全然足りないAP
・1つしか受注できないモブハント
など細かい点は気になりますが、戦闘が楽しいので許せました。
FF7リメイクにも期待が持てますね。

●グッとくる度 6/10
・プロンプトの「ん~ありがとうー、チョコボー」
・過去作のカーオーディオ
・うまく決まったときのシフトアタック
・ド派手な召喚獣
などなど、光る要素はたくさんあると思います。

●まとめると
合計66/100点。
点数は低く出ましたが、満足度はあります。
この点の低さはFFという高いハードルによるものなのかなと。
今後もDLCやUpdateが続くそうなので、しばらく楽しもうと思います。
そういえばプロンプトがVRつけてるやつどうなったんですかねー結局使いませんでしたよ。

ff15_10.jpg

Gone Home(感想)

gonehome_2.jpg

今まで楽しんだゲームの傾向から、
ストーリー5割、キャラ2割、ゲームシステム2割、グッとくる度1割で振り返ります。
ネタバレ有なのでご注意ください。

●ストーリー 35/50
恐怖を感じつつも、次第に謎が解けていく感じはなかなかよかったです。
ただ、うっすら全容を把握できてから、ちょっと中間にイベントが少なかったかなと思います。
起承転結の転が無いような感じを受けました。

とはいえエンディングというか、オチには満足。
こういうエンディングを見ると、ニューシネマパラダイスという映画を思い出してモヤモヤしてしまうのですが、私的に「物語として」好きなのはこっちかなあ。
その後の人生とかを考えた場合は、モヤモヤしてしまうのだと思います。
演出も音楽が素晴らしくて、パッと目の前が広がって駆け出したくなる感を味わえました。
この辺の盛り上げ方も大好き。


●キャラ 5/20
イマイチ惹かれませんでしたが、それが良かったのかなと思います。
この物語の登場人物は、どこかにいそうな、リアリティを大切にして作られています。
なので共感できるところは多々あるのですが、ヒーロー性が無いんですよね。
私がグッとくるキャラたちは、基本主人公的な人たちばっかりなのでこの点数になりました。
とはいえ、このゲームはこちらの方が正解なのだと思います。

●ゲームシステム 10/20
可もなく、不可はちょっと有り。
基本的には問題ないと思いますが、これは…!という要素も特にありませんでした。
タイムアタックの時に扉の開閉バグに遭遇したので低めにつけてやろうかと思いましたが、オーディオコメンタリーでちょっと許せました。

●グッとくる度 6/10
エンディングのカタルシス感が良かったです。
が、それ以上に良かったのがオーディオコメンタリー。
仲の良い開発風景が伝わってきて、非常に聞いていて楽しかったです。
靴が無いことになるほど!と思ったり、フロリダが驚くほどdisられていたり…w

●まとめると
合計56/100点。
インディーズ界隈で一時期有名だったらしい本作、PS4で配信してくれて良かったです。
こういう評判の高いものはどんどん輸入してほしいなーと思います。
というわけで、Her StoryとUndertaleを私は待っていますよ!

FINAL FANTASY XV(完)

ff15_7.jpg

オープンワールドの数多あるサブストーリー。
それに負けじと多い、ハンターミッション:モブハント。
収集要素も、魚100種や同じく多数の料理の数々。
…そんな数々のコンプ要素は全くトロフィーに絡まなかったため、あっさりコンプできました。
最後に取得したのは、「選ばれし王(イフリートを難易度ノーマルで倒した)」でした。

●スキル系鬼門
・意思を継ぐ者(ファントムソードを13本集めた)
コースタルマークタワーで手に入る覇王の大剣だけが突出して高難度です。
普通なら何度もゲームオーバーになりそうなところですが、私はゾンビ戦法で何とかクリアできました。
ゾンビになる方法は、「PLATINUM DEMO」クリアデータ引き継ぎ+本編の難易度イージーによるカーバンクル無限復活です。
これが無かったらだいぶキツかっただろうなあ。

・万劫亀の証(アダマンタイマイを倒した)
首にシフトブレイクを連打+MP尽きそうになったらマップシフトをとにかく繰り返します。
やられる要素はあんまりないのですが、とにかく時間がかかります。
どれだけ時間がかかるかというと、食事の効果が尽きてもまだ戦闘が終わらないくらい。
オススメの食事は常時クリティカルになる「こだわり素材のキノコシチュー」です。
材料はレスタニアとオールドレスタで購入できます。

・選ばれし王(イフリートを難易度ノーマルで倒した)
アダマン後にやったので楽勝かと思いましたが、意外にかかりました。
理由は魔法:エンドレスワルツで炎ばっかり発動して敵が回復していたため。
炎属性はもちろん、炎属性になる可能性がある魔法は外しておいた方がいいですね。


●作業系鬼門
・料理を極めし者(料理スキルのレベルが最大になった)
個別スキルのLv.MAXトロフィーです。
キャンプに泊まりまくりましょう。
レガリアショップで材料が全部そろうグリーンカレーがオススメ。

・サバイバルを極めし者(サバイバルスキルのレベルが最大になった)
個別スキルのLv.MAXトロフィーその2です。
敵が出なさそうなところで、アナログスティックに輪ゴムを付けて放置が楽かも。
寝て起きたら取得できていました。

・釣りを極めし者(釣りスキルのレベルが最大になった)
個別スキルのLv.MAXトロフィーその3です。
これが一番作業感があったかなー。
質ではなく量でスキルが上がるシステムのようですので、ガーディナ渡船場で三日三晩釣りを繰り返しました。
途中パーティメンバから「雑魚ばっかりだな」みたいな揶揄があっても、めげずに釣り続けましたよ。


●取得時のデータ
PSN上のプラチナ取得率は1.8%
最も取得率が低いのは「万劫亀の証(アダマンタイマイを倒した)」と「料理を極めし者(料理スキルのレベルが最大になった)」の4.8%でした。

SSは本作のプラチナトロフィーです。
アビリティコールのエンブレムが元ネタなんですかね。
トロフィー難易度的には若干の不満が残る設定かも。
王の墓横にある封じられた扉も結局何かわかりませんでしたしね。
気になるものの、そろそろ飽きが来ていましたので、DLCがくるまでちょっと寝かせようかなーと思います。

FINAL FANTASY XV(4)

ff15_5.jpg

ストーリーをクリアしました。

賛否両論聞いていたので不安だったのですが、私は良かったのではと思いますよ。
確かに13章は陰鬱な割に、本当に必要な個所は描写不足に感じましたが、なんとUpdateが予定されているようですね。
ディスク派の方々は思うところがあるかもしれませんが、私はこのまま放置され続けるよりは良かったのかなと思います。
とはいえ、アンロック型みたいなDLCは嫌いなので、難しいところです。

SSは私が選んだ「最後の1枚」です。
この仕掛けにはやられました。使い方がうまいですねー。
とはいえ、己の無難さに苦笑してしまいます。
このSSはお気に入りすぎて、過去記事にもUpしましたもんね。
どうせなら下のスタイリッシュイグニスみたいに振り切っても面白そうです。

ff15_6.jpg

みなさんの最初に選んだ最後の1枚はどんな感じなんでしょうねー。
ライフ・イズ・ストレンジみたいにワールドワイドのアルバム的なものが見えるようにならないかなあ。

FINAL FANTASY XV(3)

ff15_4.jpg

盛り上がり的にクライマックスまで来ました。たぶんこれが最終章かな。

ストーリーは終盤なのですが、敵が超強いです。
Lv50なのですが、雑魚にすら全然勝てない…。
仕方がないので旧エリアを回ってLv上げを繰り返しています。
後半はLv上げあんまりしてなかったから、徐々に想定レベルに届かなくなったのかなあ。

そういえば、ストーリーをどんどん進めていると、どこかで聞いた声が。
この声はもしかして…桐生さん、桐生さんだ!と超興奮しました。
主人公ノクトのお父さんの昔の旅仲間である、SSのウィスカムさんが同じ声優さんのようです。
今回はFallout4みたいに仲間にはならないだろうなー。

FINAL FANTASY XV(2)

ff15_3.jpg

召喚がめっちゃ強いです。

てこてこプレイ中です。
ストーリーはチャプター7まで来ました。
本作は魔法が特別扱いになっているストーリーのためか、魔法がかなり強めになっています。
そして魔法の上位扱いである召喚は、更にめちゃくちゃ強いです。
最初使ったときは、あまりの強さと派手さに笑ってしまいました。

召喚の発動条件は「HPが半分以下で画面が赤くなっている時にL2長押し」とちょっと分かりにくめ。
ファントムソード使用時のようにポンっと押すのかなと思い込んでおり、最初の召喚必須バトルではバグったと思って思わず再起動してしまいました。

SSは発動したての、ラムウの「裁きの雷」です。
今までのシリーズの召喚で、一番テンションが上がったかもしれません。
この後、このエフェクトの出ている範囲が焼け野原になるんですよね。
そのあまりの広範囲ぶりに、大変だー!と苦笑いしてしまいました。

他の召喚も今から待ち遠しいです。

FINAL FANTASY XV(1)

ff15_1.jpg

流行に乗っかり、FF15を楽しんでおります。

現在はチャプター4まで進みました。
本作はとにかく戦闘が楽しいですね。
カメラワークに難があるものの、シフト操作によるワープ切りが強いので使いまくっています。

ストーリーはまだ序盤なためもあってか、大きな動きは無し。
私は本作の前日譚となる映画、KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XVを視聴済みですが、ストーリーを見ていると、映画は絶対に観ておいた方がいいですね。
未試聴の方は置いてけぼりになりそうなイベントがいくつかあります。

SSはパーティキャラのプロンプトがゲーム中に撮ってくれる写真です。
この写真システム、なかなか今までにない感じでお気に入り。
あんなことあったなあ。と振り返れるのは、トロフィーSS機能に近いかもしれません。

たまに下のSSのような、おもしろ写真がまぎれるのもご愛敬。
とある作戦で共闘する将軍なのですが、敵の爆発に巻き込まれて真っ黒焦げになっています。
そんな顔でお前たちもまだまだ。とか言われても、心に響いてきませんよー。笑。

ff15_2.jpg
プロフィール

グラットニィ

Author:グラットニィ
今日も踊っています
リンクフリー&相互大歓迎です

最近のBGM:Rides In ReVellion『BLAZING HEART』

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR