いけにえと雪のセツナ(感)

setuna_4.jpg


今まで楽しんだゲームの傾向から、
ストーリー5割、キャラ2割、ゲームシステム2割、グッとくる度1割で振り返ります。
ネタバレしまくってます。

●ストーリー 35/50
短すぎることを除けば、全体的にしっかりできていると思います。
なまじストーリーがいいだけに、演出不足が目についてしまう感じでした。
お金かければもっと感動的に作れたと思うのですが、難しいんでしょうね…。
演出不足ゆえに、最後のヒロインの行動もいきなり感がちょっとありました。

フラグというか、話の整合性も良くできていましたね。
定期的にいけにえが必要な理由もちゃんと筋が通っていました。
最後セーブポイントも話に絡めてきたのも個人的にはお気に入り。
確かにセーブポイントって過去に遡る能力ですね。

各キャラの法石イベントもメインに絡めた方が良かったのではと思うくらいの出来。
特にキールのイベントは喋らない理由とかがエグられる感じでよかったです。
ただ、断末魔に喋っちゃいけないキャラが喋っていたような…。

●キャラ 15/20
どこかで見たようなテンプレ感はありましたが、キャラは良くたっていたと思います。
ただストーリーが短いせいか、あんまり深堀出来ていないなーと思うことも。
洋ゲーの練り込み方を見てしまうと、この辺はちょっと物足りなくなりますね。

お気に入りのキャラはジュリオンとクオン。
ジュリオンは最近漫画のアルスラーン戦記にハマってて、私の中で王様ブームが来ているのが理由。
実際にゲームに出てくる王の試練のひとつが、アルスラーン戦記のエピソードと丸カブりでしたね。
クオンはスピードキャラなのが理由。
中2病を患わっていたころから大好物なんですよねースピードキャラ。

●ゲームシステム 10/20
連携技の発動条件が分かりにくかったり、ワールドマップが無かったりと全体的に不親切な印象。
蝕まれた魔物も見分けづらいわりにめちゃくちゃ強いので、そのトラウマから無視して進むだけの死に要素になっていました。
昇華のシステムはやり込みとの親和性はいいと思うんですけどねー。
その昇華システムで使う法石のためにトドメを使い分けるのもちょっと面倒でした。

●グッとくる度 5/10
・切ない感じが出てた
・いけにえの理由がしっかりしてた
・3姉妹の喋らない理由
・EDとパッケージのリンク
などなど

●まとめると
合計65/100点。
光るところはあるだけに、惜しい感じのする作品でした。
世間の評価はあんまり高くないみたいですね。
これ、「とりもどそう。ボクたちのRPG」と銘打っていたのですが、そのあまりに激似なシステムっぷりにみんな「とりもどそう。ボクたちの(クロノトリガーみたいな)RPG」って暗に思いこんじゃった気がするんですよねー。
その辺が、雪国だけで閉じてたり、マルチエンドじゃなかったりという、今作があえて捨てたところと反発して評価が余計に低くなってる理由なんじゃないかなーと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

グラットニィ

Author:グラットニィ
今日も踊っています
リンクフリー&相互大歓迎です

最近のBGM:Rides In ReVellion『BLAZING HEART』

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR