龍が如く 維新!(感想)

ryui.jpg


今まで楽しんだゲームの傾向から、
ストーリー5割、キャラ2割、ゲームシステム2割、グッとくる度1割で振り返ります。
ネタバレ有りです。

●ストーリー 35/50
事前情報なしで臨んだため、OPムービーでは非常に驚かされました。
龍馬なのに龍馬じゃないこの謎が、どう明かされるかワクワクしながら序盤を楽しめました。
が、オチがなんとなく見えてからが長い。(これは私が寄り道しまくったせいでもあるのですが)
このネタ一本でいくにはちょっと引き伸ばし過ぎに感じます。
大オチを用意するなどして話の盛り上がりを工夫してほしかったところです。

あと、今作ちょっと龍馬が説教くさすぎる気がします。
日本の夜明けの象徴なのは分かるのですが、○○なんじゃねえのか!?っていう言い回しがすごい多かったような。
そして説教くさいせいでちょっとじじむさいです。
本編では年を重ねて落ち着かざるを得なくなってきているので、外伝たる本作ではもっと熱い桐生さんを見せてほしかったです。

また、二つの顔ネタが多すぎ。
「沖田美少年の謎」のギミックは楽しめましたが、山内容堂なんかの顔が広く割れている人の影武者はいくら何でも無理でしょーと思いました。(桂や西郷がバックアップしてくれてゴリ押しした可能性もあるかとは思いますが。)


●キャラ 10/20
龍が如くのキャラは非常に魅力的なのですが、本作ではちょっとイマイチです。
ストーリー上仕方ないと思うのですが、皆さん龍馬をすぐにNo.1認定しすぎ。
自分の主義、主張、美学、目的のために男を張る。
その張った男の譲れないぶつかり合いこそ、私が龍が如くの魅力と感じるものでした。
それが今作ではすっぽりと抜け落ちています。
1-2回剣を交えただけで、お前がNo.1だ。と仲間になる感じです。
このデレの速さに、ストーリー重視の外伝とはわかっていつつも何だかなあーとモヤモヤしました。
郷田龍司、お前のそんな姿は見たくなかったよ…。

●ゲームシステム 15/20
いつも通りの龍が如くです。
ちょっと短銃の型が強すぎる気がしますが、そつなくまとまっていると思います。

●グッとくる度 4/10
俺の鬼怒川ぁ!にニヤリとさせられました。
龍が如くシリーズでは毎回カラオケの合いの手にキラーフレーズを入れてくる(ex.龍が如く3の上げ底ナウ)のですが、今回は上記の合いの手がグッときました。

●まとめると
合計64/100点。
龍が如くは見参もあんまりグッと来なかったのですが、今作も個人的にイマイチ合いませんでした。
やはり龍が如くは本編に限ります。

それはそうと、錦の顔、ずっと今作の顔で行くんでしょうか。
ハイパーしかめっ面すぎて、龍0と似ても似つかないのですが…。
実際、最初はあれが錦ベースだと全然気づきませんでした。
クリアして、そういや錦出てこなかったなーまさかアイツか!?と消去法で分かったレベル。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

グラットニィ

Author:グラットニィ
今日も踊っています

最近のBGM:ジャシー『男前』

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR