テイルズ オブ ベルセリア(感想)

TOB2.jpg

今まで楽しんだゲームの傾向から、
ストーリー5割、キャラ2割、ゲームシステム2割、グッとくる度1割で振り返ります。
ネタバレ有なのでご注意ください。

●ストーリー 39/50
感情vs理で、主人公が感情側だったため、熱いイベントが多かったです。
感動というよりは興奮で、ちょっとウルっとくるところもありました。
ただ後半は我を通すことを決めて犠牲を出すこともやむなしと進んでいくので、この割り切りのよさは好き嫌いが分かれるかもしれません。
ゼスティリアの殺す殺すと言いまくる命を軽く扱う不快感とは違い、しっかりと信念第一で犠牲は小さく留めたいが大事なところは絶対に譲れない。という描写方法なので、私は大丈夫でした。

終始一貫した明確なストーリーでしたので、ボスが色々変わるヴェスペリアよりも私の評価は高いです。
ただストーリーに意外性が欲しい欲張りな私ですので、この点数にしました。
ストーリーが進むにつれ謎も解明されて行きますが、ミスリードを利用したようなどんでん返しはほぼ無いに等しいので王道モノだと思っています。
それを悪人側で描いているところが本作の面白いところですね。
意図しているのでしょうが、終始、身を粉にして正義に尽くしたゼスティリアとの対比が印象的です。
結果ベルセリアの方が何倍も遊んでいて楽しいのも、面白いですね。
あ、そういえばどんでん返しカラクリが1つだけありました。
フラグがゼスティリア中にあるので2作しないと分からない上に、私は結構初期に気づいたので、前作プレイをオススメするかと言えば微妙ですが…。

プレイ中でストーリーに感じた不満点は、特等対魔士の少なさ。
終盤の4という数と揃えるために仕方なかったと思いますが、オスカー&テレサが何もせずどんどん格上げされて行くさまは、各地の喰魔の警備の薄さも相まって、「もしかしてこの聖寮ってだいぶタレント不足なしょっぱい組織なのでは…」という感想を抱かせました。
とはいえ、全体的には概ね満足です。
スタッフロールのこういう出会いもあったのにね…的な挿絵は、なかなか良いアプローチだと思いました。


●キャラ 19/20
本作の魅力はまさに、ここに詰まっています。
プレイ日記にも書きましたが、本ゲームはライフィセット少年の育成ゲーでもあります。
そのため、見本となる成熟した魅力的な大人がパーティに揃っているのです。
今回のパーティは3グループに大別できると思っています。

一つ目が、マギルゥ、アイゼン、ロクロウの大人組。
彼らは自分の中で挫折や苦い過去、出会いや幸福を消化して、自身の信念にまで昇華しています。
私が大人に求めるものは、まさにこの譲れない信念、自分の中にある正義の部分です。
プライドが高くて人の話に耳を傾けないのは論外ですが、折れながら、修正しながら、育て磨きぬいた芯の部分は、魅力的な大人が必ず持ち合わせているものです。
この3人にはその曲げられないところ、自信をもって自らをかけて貫こうとしているところがしっかりと見えたので、非常にグッときました。

二つ目は、ベルベット、エレノアのお姉さん組。
この2人は自分たちの基礎ができ目標も定まりつつありますが、本当にその道を進んでいいものか戸惑い、迷っています。
作中でも揺れ動きながら、自身の答えを導こうと苦闘しているのが見えます。
最終的にエンディングではこの2人も自らの問いに決着をつけ、大人組に合流しているように思えます。

三つ目は、ライフィセット少年。
彼は目標すらまだ模索している途中になります。
そのため失敗も一番多いですが、先に挙げた5人全員に助けられ、立派な性格イケメンへと成長していくのです。

この保護者関係というか、大人が導いて育てていく感じが何とも言えず微笑ましくて良かったです。
特に素晴らしいのが大人組ですね。
時に背中で語り、時に道を示し、時に疑問を投げかけて焚き付け、答えへと促していく姿は、理想とする大人像でした。
私がスターオーシャンのエマーソンに感じた大いなる不満点が、ここに解消されたのです。


●ゲームシステム 19/20
素材集めは非常に面倒でしたが、全体的によくできています。
料理システムで戦闘後の体力を気にしなくてよかったり、航海がだんだん短くなっていったり、移動の遅さを後半にテコ入れしたりと、フラストレーションがたまりそうな所に手を入れているのは非常に好印象です。
武器のスキルにランダム性がある際の、売却ロック機能も当然標準装備。この辺は流石です。
欲を言えば、ロックした物以外の武器と防具を全部売る機能が欲しかったかな。
戦闘が単調と言われているようですが、アクション好きだけどアクションが得意でない私は特に不満に思いませんでした。


●グッとくる度 10/10
大人組のステキさ。
熱いストーリー。
ピンクに光るコントローラ。
コントローラから音が出るミニチャット。
スーパーロボット大戦の必殺技のようなノリで叫ぶ、エレノアの第2、第3秘奥義。
などなど、いろいろグッと来るものが多いです。

しかし特筆すべきはコレ。
meganemoe.jpg
誰だ!アイゼンに銀縁眼鏡を掛けようなんて思ったやつは!
そこになおれ!褒めちぎってくれる!!
完全に不意打ちを食らいました。


●まとめると
合計86/100点。
前作ゼスティリアでテイルズはもうダメかな…と思っていたのですが、杞憂に終わりました。
得意の人種問題やエネルギー問題にも持っていかず、まだまだテイルズ行けるじゃない。と思わせてくれる作品でした。
まだまだこの世界観で過去/未来話は作れそうですが、そろそろお腹いっぱいなので、次回作は別世界が希望です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

グラットニィ

Author:グラットニィ
今日も踊っています

最近のBGM:キズ『おしまい』

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR