さあ、お前の積みを数えろ@2017年末

tumi.jpg

2017年の遊んだ作品は書いたので、2017年に遊べなかった、積んでしまった作品も振り返っておこうと思います。
積みと言っても最近はフリプや完全版、PS4移植版がどんどん出るので、心に積むようにシフト中です。

・The Walking Dead
 去年からの引き続き作品です。
 攻略したくなるように起動してトロフィーリストに入れるとこまでは行きましたが、その後は起動してないですね…。
 評判がいいのでいつかやりたいです。

・Rise of the Tomb Raider
 ドラクエで中断したっきり中途半端な感じになっております。
 オンにまだ人はいるのだろうか…。
 アクションは好みなので、どこかで戻ってきたいです。

・Teraway
 昨年からの引き続き作品です。
 フリプに来て後悔した作品その1。
 Walking Deadで凹んだときの癒し用として購入したので、こちらも未着手継続です。

・バイオショック コレクション
 昨年からの引き続き作品です。
 フリプに来て後悔した作品その2。
 1の名作振り返りプレイはだいぶ先になりそうですが、3はさくっとやりたいところ。
 
・The Witcher 3 DLC2 血塗られた美酒
 昨年からの引き続き作品です。
 好きなんだけどなあ…操作忘れちゃったなーと思ってなかなか手が出ないです。 
 ただ、4K+HDR対応パッチが出たので、最近またやりたい熱がふつふつと出てきております。

・デジモンストーリー サイバースルゥース
 PS4で豪華版が出て後悔した作品。
 私はやっぱり据え置き派なので、やるとしたらPS4版買っちゃいそうです。
 ストーリーが超評判いいので、やりたい度は上位です。

・DEAD RISING
 plusで100円だったとはいえ、未プレイなのは悔いが残ります。
 このへんのソフトに手を付けられるのは、いつになることやら…。

・Horizon Zero Dawn
 お気に入りのブログでべた褒めだったので購入済み。
 多分次これやります。
 DLCも出たばっかりなのでまだ旬なはず…!
 とか思ってたらDLCって昨年の11月配信とそこそこ前なんですね。
 こりゃタワーが崩れないわけだ。

・RiME
 ICOっぽい雰囲気のインディーゲーです。
 序盤ちょこっとだけやりました。

・アンチャーテッド 古代神の秘宝
 クロエが主人公のアンチャ外伝です。
 手を付けるにしてもトゥームレイダークリア後、更に何か1本挟んでからかなあ。

・ブレイドストーム 百年戦争&ナイトメア
 丁度これを買ったころ、私にアルスラーン戦記ブームが来てたんですよね。
 アルスラーン無双でもよかったのですが、自分の軍団を作りたくてこっちを購入。
 トロフィーが超絶作業&バグ有り。と聞いてしりごみしています。
 トロフィー条件でプレイするかどうか決めるのは、トロフィー好きの悪い癖ですね。

・仁王
 濃姫のところまで進みました。
 友人と私、どっちも未クリアな地域がCoopできない問題にパッチが入ったとどこかで見た気がするのですが…。
 これが本当なら再挑戦してみようかなあ。

・龍が如く 極2
 きっとやる。
 Horizonの前にこっちに手を出しちゃうかもしれません。

・VA-11 Hall-A
 非常に興味があるのですが、Vitaのみなのがネック。
 待ってたらPS4で出てくれないかなーとうっすら期待中です。

・ルフランの地下 迷宮と魔女ノ旅団
 こっちは待ってたらPS4で出た作品。
 今はRPGプレイ中なので、いったんアクションを挟んで、その後にしようかなと考え中です。

・2064 Read Only Memories
 インディーのADVとのこと。
 ちょっと雰囲気がヴァルハラに似ている気がします。

・刻のジレンマ
 やりたいんだけど、これの前に999をやらないといけないのでちょっと腰が重い感じに。
 うろ覚えのジボウデスもやって3連作のほうがしっくりくるんだろうなあ。


去年から、さらに増えていますね…。
どこかで書きましたが、最近ゲームのペースが落ちてきてるんですよねー。
ゲームの発売されるペースは変わらないので、タワーがどんどん増築されてゆきます。
老後にやる!って言ってるゲーム好き友人がいるのですが、気持ちが分からなくもないです。

ちなみに、去年書いてて今年書いていないゲーム、かつブログにも上記にも書いていないゲームは心折れた可能性大です。
それこそ、老後まで積んでいる。ということにしておきましょう、笑。

私的、KOTY2017

2017年の良かった作品は書いたので、2017年に出会った期待外れの作品も書いておこうと思います。
KOTYのKはkusogeのKではなく、Kitai-HazureのKです。
ちなみに、ネタバレ満載なので注意です。

●Doom
mykoty2017_1.jpg

スカッとする!というレビューを見て購入。
ですが、序盤で合わないかも…と思い積んでおります。理由は2つ。
1つは字幕の小ささ。
洋ゲーには字幕の小さい作品が多いのですが、本作は群を抜いて小さいです。
何型のテレビだったらこの字幕がちゃんと見えるんだろう…。
おかげでストーリーがあんまり頭に入ってこず、進める気が消え失せていきます。
2つめはショットガンの性能。
私はエイムが苦手なので、FPSではショットガンをメインに使うことが多いです。
が、本作はショットガンが当たらない当たらない。
バッタバッタと敵を倒していく爽快アクションを想定していたのですが、1体の敵を当たらないショットガンをリロードしまくりながら追いかける地味な鬼ごっこゲーになっておりました。
この辺は性能upやスキルツリーで何とかなるのかもしれませんが、その前に心が折れてしまう感じでした。

理由を見返して思ったのですが、ちょっと食わず嫌い感がありますね。
評判がいいのは重々承知しているので、どこかで隙を見てやってみようかなあ。


●ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期
mykoty2017_2.jpg

これはとても期待してた反動です。
シリーズファンとして、乗り越えて欲しかったハードルは超えられなかったなあと。

選定理由はオチと意外性。
V3のオチは色々なレビューサイトで賛否両論ですが、私には合わなかったです。
過去作に対してというよりは、V3に対してこのオチにはしてほしくなかったなあという感じ。
死に物狂いな姿は納得感のある背景があることでその滑稽さ、醜さ、そして美しさが際立つと思うんですよね。
意外性は、1や2と比べて大分薄かったような。
容疑者除外メンバーの復活のような、まさかこの人が!というどんでん返し犯罪が少なかった気がします。
表情は笑顔でも、全員どこかで、罪悪感を感じ苦しみぬきながらも自分の都合を優先する。という怪しい魅力が失われていました。
ただ、1つめの犯罪だけはギミック含めずば抜けてよかったです。


●聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-
mykoty2017_3.jpg

出来の悪いスマホゲーみたいな見た目だなーと思っていたら、本当に出来の悪いスマホゲーのような仕上がりでした。
スマホ用として開発されたのは承知の上ですが、ゲーマーとしてはちょっと耐えられない品質です。

これをやったことで一番不安になっているのが、聖剣2のリメイク。
パッと見、この聖剣1と同じようなグラフィックなのが更に不安を煽ります。
聖剣2は物語の切なさ、リングコマンドのUI、名曲ぞろいのBGMと、本当に大好きな作品です。
ただ、この1のリメイクを経験した後は純粋に不安しかないですね…。
2のリメイクに期待!みたいな記事を見ますが、この1をやればそのワクワクは、ハラハラドキドキに変わること間違いなしです。
いい感じのリメイクであってくれー!


かなり独善的に振り返ってみると、上記のような感じでした、
異論はたくさんあるはずですし、褒めてる方もたくさんいらっしゃるので、私の感想が上記ゲームの真価ではないと思います。
個人差って面白いなーくらいに受け取っていただければ幸いです。
あと、私のKOTYのKはkusogeのKではなく、Kitai-HazureのKですので!



ちなみに、本家のものはこちら
文章は相変らずキレッキレですが、例年より動画のクオリティは落ちている気がしますね。
クソゲーへのアンチテーゼだったりするんでしょうか…。

私的、GOTY2017 -歌曲賞編-

年末記事の続きです。
いつもは記事にしないのですが、去年は素晴らしいゲーム音楽に触れることが多かったので、特筆しておきたいと思います。

●第3位 A-TO-Z
イース8の隠しボスの曲です。
イースは、というかファルコムゲーはいつも素晴らしい燃える楽曲を提供してくれるのですが、今作のA-TO-Zは特に神がかっていました。
切ないピアノの導入から、バイオリンが狂い乱れるように流れる旋律が特に印象的で、非常にグッときましたよ。
ラスボス曲であるTHEOS-DE-ENDROGRAMも私の大好物である「オープニングの主旋律が途中に出てくる」という激アツで大好きな曲です。
ですが、その大好物演出が入っている曲ですらこの神曲:A-TO-Zの前では霞んでしまうほどでした。

●第2位 Life will change
ペルソナ5の、予告状出した後の突入時に流れる曲です。
オシャレなP5の中でも群を抜いてオシャレでした。
しかもこの曲、序盤はイントロなんですが、物語終盤になると歌つきになるんですよね。
その辺の演出も盛り上がってグッときまくりでした。
更にこの曲、予告状を出した主人公がダンジョン突入時に「ショータイム!」っていってからかかり始めるんですよね。
もうどれだけオシャレなのかと。
ただただかっこいい、神曲でした。

●第1位 Battle Against a True Hero
Undertale、Gルートのアンダイン戦の曲です。
こちらも静かなピアノからの激しい曲への連携。
さらに途中でピアノになって~みたいな転調もアリな、熱い曲でした。
ストーリーと非常にマッチしているのも1位に選んだ理由です。
曲名もGルートであることを考えると皮肉が効いててオシャレ。
サンズ戦のMEGALOVANIAや、私の好きな演出の入っているラスボス戦のHopes and Dreamsも素晴らしい曲なのですが、やっぱり私的1位はこれ以外に考えられませんでした。


他にもニーアなど、BGMがグッとくる作品はありましたが、私の上位は上記の感じでした。
今までもファルコムゲーやギルティギアではいいBGMだなーと思ったことはあったのですが、今年は特に怒涛の良BGM尽くしでした。
やっぱりいい曲は、テンション上がりますもんね。
そこでストーリーとのシンクロがあると、もう心ガッツリ鷲掴み状態でした。
耳が幸せな1年だったなあ。

私的、GOTY2017

年末書き損ねたいつものやつです。
他のブログを拝見してると、やっぱり無理にでも年末に書いといたほうが良かったなー。
来年からはキリが悪くとも、無理やり時間で切っちゃおうかなと思います。

●第3位 ペルソナ5
mygoty2017_3.jpg

まだトロフィー集め中ですが去年3番目に楽しめました。
いやーだまされましたね、見事に。
どんでん返し感もクライマックス感もあって正統派なRPGでした。
ただ、ちょっとP4Gのような豪華版を狙ってそうだなーというところに若干のぐぬぬ感はありましたが。
駅前の太陽神信者とか怪しいと思っています、笑。


●第2位 イースVIII -Lacrimosa of DANA-
mygoty2017_2.jpg

僅差でこちらが2位に。
理由はこっちのほうが感動したからです。
イースシリーズ最大の弱点だったストーリー丁寧すぎて敵が小物に見えちゃう感を見事に克服していました。
(最後の方に出てくる例の3人組は見なかったことに…、笑)
もともとアクションは折り紙つきのシリーズなので、まさに名作と言えるクオリティだと思います。


●第1位 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
mygoty2017_1.jpg

天邪鬼な私がまさかドラクエを選ぶなんて、私自身思っていませんでした。
それほどまでに例のシーンが衝撃的。
「とにかくネタバレサイトを一切封印して、ただ進めるのです。時が来たら語り合いましょう」とただただ人に薦めたくなる感じでした。
キャラもドラクエにしては珍しく、捨てキャラなしというか人気が分かれている感じ。
本当にこれ以上のドラクエってもう作りようが無いんじゃないかとすら思います。
そのくらい良かったです。


こうして見ると、国産RPGばかりですね。
やっぱりJRPGはストーリー重視で丁寧に作ってくれるので好印象なものが多いです。
JRPGは死んだといわれて久しいですが、ナンバリングでも面白いものは作れるんだなと改めて作り手の方々を尊敬しました。
中古市場とかを考えると苦しいかもですが、私はこのストーリー推しのゲームが大好きなので、ぜひ続いていってほしいですね。



ちなみに本家はこちら
ゼルダはブログタイトルに沿ってないですが、ぜひやってみたい作品です。
Switchさえ手に入れば、ですが…。

2018/1の気になるゲーム

明けましておめでとうございます。
去年クリアできなかったペルソナ5を何とかクリアしました。
ただこれかなり時間かかるやつでしたね。クリアだけで100時間近く遊ばせてもらえました。

ゲームを遊んでて最近感じるのが、ゲーム長時間集中できなくなったなーと。
すぐにYouTubeやテレビなど他の物に浮気しちゃいます。
今年はその辺も念頭に置いて計画を立てないとなー。
でも気になるゲームは気になるのでどうしようもないのです。
そんな1月の気になるゲームズたちです。

モンスターハンター:ワールド
おそらく皆さんも大本命なのではないでしょうか。
素材集めゲーに陥るまでは楽しめそうなので購入考え中です。
ハンマーでガシガシ殴っていく脳筋スタイルが大好き。
PS4で1/26に発売。


…あれ、これだけ?
そう、これだけなのです。
理由はモンハンをみんな避けて、3月に逃げていったから。
今年の3月のラインナップを見るとなかなか超大作ばかりでカオスな感じになっています。

その他の話題作は携帯機をやめて据え置きになったディシディアFF、必殺技がかなり著作権方面に攻めていると噂の銀魂乱舞など。
銀魂乱舞は仮面ライダーにもあった主題歌付き限定版も出るようですね。
○ASRACがあまりにもお金稼ぎのダークサイドを見せつけ過ぎてイメージ悪いですが、こういう打開策は諦めてほしくないですね。
あとはこれが+3000円ではなく、+1000円くらいで手に入ればいい落としどころじゃないかと思うのですが…。
プロフィール

グラットニィ

Author:グラットニィ
今日も踊っています
リンクフリー&相互大歓迎です

最近のBGM:LEZARD『生斬る』

最新記事
最新コメント
シンプルアーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR