FC2ブログ

Tokyo Dark -Remembrance-(完)

TokyoD_p.png

分岐多めのセーブ少なめです。

東京で闇のおたふく仮面と向き合うADVのTokyo Dark -Remembrance-をコンプしました。
最後に取得したのは「The Cat God’s Blessing(さまよえる猫の社、猫神神社へようこそ!)」でした。
時限は多いですが、まずは一度クリアしてセーブ機能のあるNG+を開放しましょう。
セーブ解放後にSAN&PRO高めルートとSAN&PRO低めルートの2つでマルチエンド回収を狙っていきます。
攻略記事を読んでいると面倒そうに見えますが、プラチナ難易度は低いです。

●スキル系鬼門
・特になし

まあADVですからね。
インディーゲーあるあるの高難易度ミニゲームも本作にはありませんでした。


●作業系鬼門
11種類のマルチエンドなのでその回収がそこそこ作業的です。
セーブも任意ポイントなのが、更に作業度に拍車をかけているんですよねー。
もうちょっとセーブがこまめだったら…と思わずにはいられないポイント数でした。

ますは思うがままに1周してセーブ機能を開放。
その後、SAN&PRO高めの常識人ルートとSAN&PRO低めの狂人ルートの大きく2周を進めながら、細かいマルチエンドの分岐を拾っていく感じでした。
ルートと故障していますが、ストーリーは同じです。
ただ、SAN&PRO値によっては出てこない選択肢があるので、回収用に2周必要なんですよね

オススメのフローチャートはこちら
猫ENDは常識人ルートプレイ時の方がとりやすくはありますが、狂人ルートであっても取得は可能でした。
私も常識人ルートではメイドカフェの招き猫を取り逃してしまい、狂人ルートで猫ENDを獲得しましたよ。

ちなみに、取得タイミングで分かりにくかったのは発狂ENDのNothing is Real(大丈夫……これは私の事件。心配しないで。)
館探索後が取得タイミングなので、樹海突破後に正常でももうちょっと進めてみましょう。

ラストセーブでの私のパラメータは、以下の通り。
常識人ルート→ S:-26、P:+87、I:+100、N:-49
狂人ルート → S:-97、P:-100、I:+26、N:-15
ほぼすべての選択肢で正解を選んでこの値のため、実際にはけっこう数字の猶予があると思います。


●取得時のデータ
PSN上のプラチナ取得率は11.0%
最も取得率が低いのは「The Cat God’s Blessing(さまよえる猫の社、猫神神社へようこそ!)」の11.7%でした。
私が記憶に残ったトロフィーは「Only a Child(あなたはただの女の子。ずっと、ただの女の子だった。)」ですね。
喪失感のある偽りの幸せ的なところが、ADVのマルチエンドっぽくてよかったです。
Trueエンドは「Becoming(常闇を支配するのは私。)」なんですかね。
最後の七夕的エピソードが加筆シナリオっぽいので、これ無いとモヤモヤしたんだろうなあと思います。

サクサク進めて、サクサククリアできた作品でした。
ただ、ストーリーはあんまり心は動かなかったですね。
謎の闇は最後まで謎の闇なところに、B級ホラー味をひしひしと感じました。
海外ゲーなわりに日本人好みのグラフィックなところがヴァルハラを感じさせますね。
ただ、男性キャラのグラは適当感が凄くて、その落差が面白かったです。

0 Comments