FC2ブログ

LITTLE NIGHTMARES DLC1(完)

LittleNighemareDLC1_p.png

みなさま、購入だけしてそのまま忘れ去っていたゲームってございますでしょうか。
私は無い!と断言できるくらいキッチリしていた…つもりでした。
そういや2出たなー。DLCやってないなー。お、ストアで安売りしている。と眺めていたところ、まさかのステータスが「購入済み」になっていましたね。
全く買った覚えがなかったのでびっくりでした。

そんなリトルナイトメアDLC1:深淵(The Depth)を驚きながらもクリアしましたよ。
最後に取得したのは「頭を使って楽しもう!(いじわるしないで)」でした。

●スキル系鬼門
・頭を使って楽しもう!(いじわるしないで)
難しくはないのですが、知らないと取れないトロフィー。
SSの位置で、落ちている頭を便器のようなものに投げ入れる必要があります。
知ってさえいれば簡単なので、取り逃したとしてもチャプセレでサクッと取得しちゃいましょう。
久々のリトルナイトメアで操作に慣れるまで若干戸惑ったものの、本編は割とサクッとクリアすることが出来ました。


●作業系鬼門
・一人じゃないよ。(最近どう?)
短いDLC中に落ちている、メッセージボトル5個を集めるコレクタブルトロフィーです。
画面が暗いのでノーヒントは難しいかと思います。
オススメはこちらの動画


●取得時のデータ
PSN上で最も取得率が低いのは「一人じゃないよ。(最近どう?)」の2.1%でした。
PSNではDLCは非購入者でも母数にカウントされてしまうため、DLCは軒並み%が低くなる傾向にあります。
逆に、一番取得率が高かったのはクリアトロフィーの14.8%でした。

本編には最初から最後までノーデスというかなり難しいトロフィーがあったのですが、DLCは簡単に取得できましたね。
DLCは3部作なのですが、キッチリ3つとも購入していたため、引き続きコンプを狙っていきたいと思います。

The Last of Us Part II(4)

TLoU2_4.jpg

ズルではないのです。

ラスアス2をクリアしました。
もともと賛否ある作品ということを聞いていましたが、私は否寄りかなー。
詳細は感想記事に書こうと思いますが、前作よりもテーマが難しく感じました。
なのでクリア後に、製作者は何を伝えたかったんだろう…という気分になりましたね。
ただ生々しく痛々しい描写のラストバトル表現は強く印象に残りました。

さて、クリアしたのでトロフィー攻略情報を解禁。
高難易度トロやマルチトロがあった前作と比べて、プラチナまでの道のりは簡単になっていますね。
パッと見、収集物を全部集めるだけでプラチナをゲットできそうです。

ただ本作、現在は発売から3ヶ月くらいたった時に無料追加トロが2つ来ているんですよね。
1つ目が死亡時にセーブデータ消去のモードをクリア。
2つ目が高難易度:GROUNDでのストーリークリアです。
せっかくなので、これらの追加トロフィーも狙ってみようと思いますよ。

初めは以下の流れで行こうかなと思っていました。
1.チャプターセレクトで収集物コンプ
2.VERY EASYでセーブデータ消去モード
3.GROUND
ですがこのセーブデータ消去モード、何個か段階があるみたいで、いちばん易しいのだとチャプターの最初まで巻き戻されるだけでOKのようなんですよね。
本作は収集物がとにかく沢山あり、取り逃しもめちゃくちゃ多かったので、上記工程の1と2を合わせて一気にやっちゃおうかと思います。

SSはそんな私の冒険を助けてくれるオプション設定です。
本作は同社のアンチャと同じくクリア後に無限弾薬などの公式チートが解禁されるものの、セーブデータ消去モードや難易度:GROUNDでは使用できないんですよね。
ゆえにガッツリ腰を据えて攻略しないといけないかと思いきや、まさかの抜け穴が。
それがSSのアクセシビリティオプションでした。

弱視の方もゲームが楽しめるように作られたこの細やかな設定をいじると、楽にゲームが進められます。
特に「ほふく時視認不可」がかなり強力ですね。
敵にバレても、その場でほふく状態になれば「どこに行った!?」と速攻で見失ってくれました。
ラスアス1の高難易度はとても難しかった印象が強いですが、この機能を使えばサクサク進められそうです。

レイジングループ(2)

Rloop_2.jpg

捕らわれです。

1回目の人狼ゲームが終了しました。
初回なのでハッピーエンドとはならなかったですが、見どころはたくさんありましたね。
やっぱりランダム性のないしっかり寝られたストーリーは読みごたえがあって好きです。
覚悟を決めた時に流れるBGMで盛り上がりが強化されているのもお気に入りですよ。

人狼ゲームのルールは一般的なものですね。
ただ、役職の呼び名はくも、からすなど、動物を模したオリジナルのものになっています。
占い師はともかく、騎士なんかは寒村の民謡と合わないので納得の処置でした。
人も多いし役職も多いしで、ちゃんと全容が把握できるか…?と思いましたが、キャラ付けがしっかりしているおかげで今のところ杞憂に終わっています。
ここからゲームタイトルの通りループを繰り返し、真相に近づいていこうと思いますよ。

SSはそんなループであれこれ試している主人公の房石さんです。
色々な選択肢を試し続けて、バッドエンドをいくつか経過した後のメタ発言ですね。
そういえばループものでも、キャラがループしていることを認識しているのは珍しい気がしました。
この設定がストーリーにどう効いてくるかも楽しみです。

この主人公はデスゲームの捕らわれていますが、最近私はデスマーチに捕らわれています。
ずっと忙しいと、それこそ出口のないループに迷い込んだ錯覚に陥りますね。
このモードに入っちゃうと気が滅入って仕方なくなるので、自分への寛容さを持つことに気を付けつつ、しっかりとやるべきことをこなしていこうと思います。
このSSのようにならないように注意ですね、笑。

The Last of Us Part II(3)

TLoU2_3.jpg

暴力です。

ちびちび遊んでいるラスアス2。
滅んだシアトルでの探索も4日目に入り、結構長いこと遊んでるなーと思ったら、途中でフックのきいた展開がありましたね。
序盤でも操作対象になっていたマッチョ女性のアビーさんパートに入りました。

このアビーさん、ネタバレは伏せますが主人公側の宿敵として描かれているんですよね。
アビー編に切り替わった時に「シアトル1日目」と出たので、主人公の逆側をたっぷり描写するW主人公なストーリー構成のようです。
正義の反対は、もう一つの正義だ。みたいな感じなんですかねー。
再び主人公同士がまみえた時に私の気持ちはどちら寄りになっているのか、今からドキドキします。

そんなアビー編に入って、暴力の描写が1段階上がったように感じますね。
一部の敵にとどめを刺す時の描写が結構凄惨なものがあり、数々のゲームでグロ描写に慣れている私でも、おお…となりましたよ。
これで日本用にマイルドになっているというのですから驚きです。
映像のリアルさが上がるとグロさが上がり、残虐行為への心理的抵抗感が強くなるんだなーとゲームながらに感心しました。
それだけに、トリガーを引くだけでそんな葛藤ごと一瞬で吹き飛ばす銃の力は、凄いし怖いなあとも感じましたね。
銃を持つ機会は無いと思いますが、私も何か力を持った時には気を付けたいと思います。

SSはアビー編に移る少し前、敵の基地に乗り込むエリーです。
この最初に倒す敵が携帯ゲームで遊んでいるのですが、このフォルムは懐かしのPS Vitaですね。
まさか今年に入って初めて見るVitaがゲームの中とは思いませんでした。
私の持っている実機は、ただいま部屋のなかを散歩中。
また発掘して、触れる機会はあるのでしょうか。

2021/3の気になるゲーム

kininaru.jpg

この気になる記事を書いているときは、毎回時の流れの速さにびっくりします。
某コロナで完全在宅勤務になってから、もう1年以上が経過してるんですよねー。
この体感時間の歪みは、おうち時間の長さも影響しているような気がしています。
ここまでみんな自宅生活が続くと、それを狙った新しいエンタメとかがそろそろ生まれてそうですね。
そっち方向には全然アンテナを張っていなかったので、いろいろ調べてみたいと思いますよ。
そんなおうち時間で私のエンタメ主役にずっとい続けてくれるのはもちろんゲーム。
その仲間に加わるかもしれない、今月発売の気になるゲームたちです。

シェルノサージュ~失われた星へ捧ぐ詩~ DX
アルノサージュ~生まれいずる星へ祈る詩~ DX
Vita初期のADVがPS4に移植です。
ソフトが少ない中、画面をトントンたたいてイオンちゃんとコミュニケーションをすることを癒しとしていたVitaユーザー。
そんなシェルノサージュ歴戦プレーヤーに対して、アルノサージュのゲーム内で「お前はトントンしてるだけで楽なもんだよなあ!」みたいなメタ台詞をキャラに言わせて心を折りに来た…という噂だけは聞いたことがあります。
ただ、ググってみたところ上記のセリフが見当たらないんですよね。
もしかしたらデマだったのかも…ということを確認するために、手に取ってみたい気持ちが湧いてきています。
PS4で3/4に発売

マグラムロード
封印されている間に絶滅危惧種になってしまった魔剣が主人公のARPGです。
ぱっと見、日本一ソフトウェア感が凄かったですが、開発は全然別のところなんですね。
設定は面白そうなので、ストーリーの評判が良ければ購入予定です。
PS4で3/18発売


その他の話題作は、しれっと発売になっていてびっくりなVR作品ペーパービースト、基本無料のアーケードゲーム移植作品なラブライブ! スクールアイドルフェスティバル、アストロボーイみが濃いバランワンダーワールド、リビッツみが濃いIt Takes Two、などなど。

今月も例年よりソフト少な目&フリプは豪華目ですね。
まさか発売してから1年もたっていないFF7が来るとは思いませんでした。
そんなにすぐばらまいて利益は大丈夫なのか不安になりますが、サブスクがそれ以上に稼げる感じなんですかね。
後に続くFF7リメイク続編のためにも、遊ぶ人が増えるといいなあと思います。

そんなFF7はPS5のアップグレード版とユフィ登場のDLCが発表されましたね。
ユフィDLCが遊べるのはPS5だけの模様なので、発売予定の6/10までにはPS5が手に入るといいなあ。
そしてPS5アップグレード版は条件が複雑すぎて分かりにくいですね。
フリプ版じゃないFF7リメイクを持っている人は100円でアップグレードできるそうです。
私は映像進化などは興味が薄いからスルーかなあと思っていたのですが、なんと追加のチャプターがほんのちょっとあるそうですね。
気にはなりますが、予告映像を見る限り悪いノムティス節が出ていそうで不安の方が強くなってきました。